日々徘徊〜♪

やはり思った通り。 

2017年11月15日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

  なぜノーベル平和賞の受賞者は、
その後に世界の「失望」を招くのか・・。

9月27日、祝福してくれた支持者の多くを落胆に導いたノーベル平和賞受賞者の長いリストに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が新たにその名を連ねた。金大中も載せているはず。
平和賞を受賞した旧ソ連のゴルバチョフ氏。今も健在。この人も
祝福してくれた支持者の多くを落胆に導いたノーベル平和賞受賞者の長いリストに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が新たにその名を連ねた。
恐らく彼女が最後ではないだろうという点が、10月6日にも発表される今年の同賞受賞者に向けた苦い教訓だ。

今年はicanが 平和賞を受賞そして広島の
市長が受賞に出席 あくまでも出席です。
私が
ブログに書きましたように
死にかかってから 受賞をしないと
でないとこの様になるのです。
人なんて本性が分らない。最後までね。
上に立つ人はそれなりに運命と名誉を与えられるのだから 最後まで見極めないと
この様に取り消せなくなります。
オバマさんだとて 慰安婦の性奴隷と国連に味方したのだから 何の証拠もありませんし まして20万人の慰安婦の親や親戚が
止めた騒いだという証拠もありません。
特に済州島での話はでっち上げています。
藩国連総長さえも 辞めると今何してる。
一〇億円返せとか・・。合意はなかったことにとか・・。
返すものなら受け取るな
何ならさっさと返せ。
話は戻しますが ノーベルの
発起人は泣いているかも。
ただこのノーベル賞を決める人たちが
悪いのかも 人を観る目が余りになさすぎます。
いいですか
ノーベル賞は、ダイナマイトの発明者アルフレッド・ノーベルによって創設されたが、彼の資産の一部は武器の製造や販売によって築かれたものだ。900万スウェーデン・クローナ(1億2400万円)の賞金が与えられるノーベル平和賞は10月6日に発表され、単数もしくは複数の個人・団体に与えられる。

だが、これまで平和賞受賞者の多くが戦争を開始したり、それをエスカレートさせたりした例が相次いでいる。




拍手する


コメントをするにはログインが必要です

上部へ