メニュー

兵庫県南部の島

大本営発表 

2018年02月11日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

冬季オリンピックのテレビ放映やニュースの時間内での報道が多い。

この大会に日本の選手を送り出す前に、オリンピックでのメダルの数の予想を報道していたと思っているが、大会が終わって大幅に数が少なかったとしたら、報道のいい加減さが問われるのではないか。

スポーツ界では世界の情勢はある程度把握されているはずで、その水準と日本の選手のデータを考慮すれば、事前にメダルの数は予想できるはず。

報道機関はどこかからの発表をうのみにして、情報を流しているとは思いたくもない。
「勝った、勝った、また勝った」と言うような私の赤ン坊の頃とは報道機関も違うのだから。

NHKでインパール作戦のことが放映されていた。あれも日本の報道はどうだったか、大本営発表を垂れ流した機関の反省もあったはず。
インパール作戦については、私が中学生の頃だったかテレビで太平洋戦争がかなり長期間放映されていて、詳細な説明があり、「白骨街道」と言うのも聞いた。今回のNHKの放送はより詳細だったと思っている。
人の肉を食べたと言うのも昔の放送では出てきていた。
戦争とはいかに残虐か、累々たる海岸での死体、真実を報道するのが報道の在り方だが。


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

上部へ