メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

神戸ベンチャー研究会 と 松本茂樹先生 

2016年01月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



★神戸ベンチャー研究会の15周年記念例会が来る1月30日に開催される。
そのホームページに概要が発表されている。
  http://kobeventure.jp/
 
    
 
 
2001年にスタートして、今回その15周年の記念例会であり、今は関西国際大学の松本茂樹先生が主宰をされている。
何となく松本先生とはご縁があって、一昨年の10月に例会でのスピーカーを依頼されてから、密接なお付き合いが始まったのである。
たまたまその時期に立ち上げた地域活性化のプロジェクト燦々SunSun の世話人代表をお願いして、以来神戸ベンチャー研究会の例会には殆ど出席しているし、地元三木でのいろんな活動にもお世話になっているのである。
 
そんなこともあって、昨年末からはNPO The Good Times の理事にも就任頂いて、広く高いレベルでのお手伝いをお願いしようと思っているのである。
NPO The Good Timesのホームページの自己紹介欄には次のように書かれている。
大学卒業後、銀行に勤務していました。銀行の使命は地域産業の発展に貢献することであり、利益は後ついてくるからから、「利他」の精神で取引先のために尽くすことと教わり、ひたむきに実践してきました。50歳になったので、銀行を円満に退社し、「地域活性化プロデューサー」として起業しました。現在、関西国際大学で教鞭をとっていますが、目的は明確です。それは「地域活性化プロデューサー」を育成することです。一人なら一人力ですが、百人になれば、百人力です。同志を育て、地域を元気にしていきたいと思います。そして、信頼できる人的ネットワークの構築により、皆が幸せに暮らせる社会を作りたいと思います。
 
NPO The Good Times の基本コンセプトは、『異種、異質、異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』であるが、神戸ベンチャー研究会そのものが、まさに同じようなコンセプトの活動なので、さらに今後いま展開している『燦々SunSun』との協働をよりシステマチックに展開できればいいなと思ったりしているのである。
 
★今回の15周年記念例会では、以下のような方々の記念スピーチがあるのだが、その中の一人に推薦されていて、非常に名誉なことだと思っている。
大学の先生方や、実業界の著名な実力者の方々ばかりだから、ちょっと異質なのだが、まあ何とかなるかなと思っている。
何を喋るべきか?
神戸ベンチャー研究会のコンセプトそのものも、主宰者の松本茂樹先生の発想も『地域活性化』が大きなテーマだから、自然体で素直に思っていることを、喋ればそれでいいのかなと思っている。
どんな場合のスピーチでも、『原稿などは一切作らない』ことで通してきた。
話というのはどんな時でも、そこにいる方との会話なのだから、その場の雰囲気などが解らぬ状態で勝手に創り上げてもダメだと思うので、当日先に話をされる方の内容を聞いて、その感想なども含めての即興でいいと思っている。
     
 
鄭剣豪さんのお話は、間違いなくオモシロそうなので、順番がこの通りなら、『消えてしまう』可能性もある。 あとの春名竜太さんも、めちゃめちゃ異色な方である。
そんな御二方の間に挟まれて、ホントに消滅してしまわないように『頑張らねばならぬ』のだが、いくら頑張ってみても『自分以上』のことは望めないので、『何とかなるだろう』と割り切っているのである。
 
 
 
これは鄭剣豪さんと神戸ベンチャー研究会でお会いした翌日、松本先生がFacebook にアップされた写真なのである。
それ以来の再会で、高嶋さんにお会いできるのも楽しみである。
 
 
★燦々Sun Sun です。
★NPO  The Good Times のホ―ムページです
★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。
★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。
★49万人フォロワーのいる公式ツイッターです。
 ★雑感日記のEnglish Version です。
 
 
 
 
 

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ