メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

高梨沙羅さんのスキージャンプ 

2016年01月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



 ★スキーのジャンプで高梨沙羅さん3連勝というニュースが流れた。
スキージャンプ・ワールドカップ(W杯)女子札幌大会個人第5戦(17日・札幌宮の森=HS100メートル、K点90メートル)――1回目に97メートルで首位に立った高梨沙羅(クラレ)が、2回目に94メートルを飛び、合計257・8点でW杯3連勝、今季4勝目を挙げた。
 
今回は札幌にいた時何回か訪れた 札幌宮の森のジャンプ台だったので、何となく親しみも覚えたのである。
いろんな競技で世界一の金メダルがあるのだが、この高梨沙羅さんの強さは抜きんでているように思う。
小柄なのに世界の強豪を従えて表彰台の真ん中に上がる姿はなかなかいい。
スキーのジャンプという競技が体格にはあまり関係がないのか柔道やボクシングなどの体格による区分けもなくて、小さな彼女が大きな海外の選手たちを抑えるのが応援したくなるのである。
 
  
 
 容姿も、普通の女の子のようで、世界一の運動選手のようにも見えない。
 Wikipediaにはこんな記述である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A2%A8%E6%B2%99%E7%BE%85
 
高梨沙羅は、2014年ソチオリンピック日本代表。2013年世界選手権混合団体金メダリスト、個人銀メダリスト。スキージャンプ・ワールドカップで歴代最多の30勝、シーズン個人総合優勝2回。
北海道上川郡上川町出身。小学校2年生からアルペン用スキーでジャンプをやっていたが、本格的に取り組むようになったのは地元のジャンプ少年団に入ってからである。
 
 
優勝回数がずば抜けていて、文字通りの『世界一』と言っていいだろう。
 
  
 
 飛んでる姿が美しい。
ただ、前傾しているだけだが、踏切やいろいろ難しいこともあるのだろうが、スポーツ選手、どんな競技でも、一流選手は力が抜けて美しい。
今シーズンも応援したいと思っている。
 
スポーツニュースの扱いなどを見ていると『世界一』なのにそれが当然と思うのか、その扱いは、そんなに大きくはないのである。
今シーズンも、『シリーズ優勝』を目指して頑張ってほしい。応援したいと思っている。

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ