シニア・ナビのメンバーズプロフィール

COSMOS さんのプロフィール

2018/11/13 ポレポレ
カンボジアの少女の写真に拍手感謝です。昭和30〜40年代の日本の子供を彷彿とさせられました

2018/11/13 トシアンドレオ
落ち込むトムを慰める?さくらの姿に笑えました。やっと関係が良くなりました。

2018/11/13 四つ葉
こんばんは〜。ミニチュアクリスマスに拍手ありがとうございます。小さな世界を楽しく表現しました。

2018/11/13 みのり
3枚の写真に拍手ありがとうございます。クリスマスのキルトの作品にかわいいサンタに靴です。

ギャラリー作品一覧

1件〜10件を表示 (2540件)

    No 1
    作品名 上野駅の像(4景)
    説明 上野駅にはいくつかの像がありますがそのうちの二つです。
    三相の像:朝倉文夫氏の作で「三相」とは「知・情・意」の意味で人間のもつ三つの心の働きを表しているとか。上野駅の開設が朝倉氏の生誕と同じだった縁で贈られたものだそうです。
    翼の像:同じく朝倉文夫氏の作で上野駅の待ち合わせスポットになっています。
    朝倉文夫氏は高村光太郎とならぶ日本彫刻界の重鎮です。
    上野駅の像(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 2
    作品名 あゝ上野駅歌碑(5景)
    説明 上野駅の『あゝ上野駅歌碑』です。
    高度成長期の昭和30-40年代、親もとを離れ、夢と不安を胸に抱きながら就職列車に乗って上野駅に降り立った少年、少女達。
    彼らを支えた心の応援歌『あゝ上野駅』。
    金の卵と呼ばれ戦後、日本経済大繁栄の原動力となったのがこの集団就職者の若者たちでした。
    綿々と唄い継がれているこの歌の心を末永く大切にしたいとの思いから作られたそうです。
    あゝ上野駅歌碑(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 3
    作品名 故郷に想いをはせて(4景)
    説明 上野駅にある二つの故郷を思い出させるものがあります。
    故郷の星:広場の上にありその下に「仰ぎ見れば 故郷の星 ここにあり きらめく星 ふれあいの星 わが心をうるおす」とあります。
    石川啄木歌碑:「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」と刻まれています。「そ」とは方言のことです。
    故郷に想いをはせて(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 4
    作品名 上野駅(5景)
    説明 東京の「北の玄関口」上野駅です。
    上野駅には十数か所の出入り口がありますがそのうちの五個所を紹介します。
    上野駅(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 5
    作品名 上野駅15、16番線ホーム(2景)
    説明 上野駅の15、16番線ホームです。
    かつては各方面に向かう特急電車や夜行列車も発着していたホームでした。
    以前はこのホームに入るには入場券か特急券が必要で改札口もありました。
    今は廃止され常磐線特急専用のホームとなっているみたいです。
    昔の上野駅を彷彿とさせるホームです。集団就職の若者もこのホームに降り立ったのでしょうか。
    中学の時修学旅行は夜行で来てここの水道で顔を洗ったものです。
    上野駅15、16番線ホーム(2景)
    作品の詳細はこちら

    No 6
    作品名 浅草仏壇通り(5景)
    説明 台東区の地下鉄田原町駅から稲荷町にかけて老舗の仏具店が多く並ぶ浅草仏壇通りです。
    江戸明暦の大火の後、寺院仏閣が幕府により上野から浅草にかけて集められたため、これら寺社に仏具などを納める職人が上野から浅草にかけてたくさん集まり店を構えたそうです。
    これが現在の仏壇通りのルーツだとか。
    この仏壇通りには、約50店舗の仏壇・神仏具の専門店が、西日によりお仏壇が痛まないようにと南側に並びます。
    浅草仏壇通り(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 7
    作品名 ビリケンさん
    説明 台東区浅草橋にあるビリケンさんです。
    尖った頭と吊り上がった目が特徴の子供の姿をしている幸運の神の像で、大阪の通天閣の展望台にあるビリケン像が有名で、「ビリケンさん」の愛称で親しまれています。
    特に足を掻いてあげるとご利益があるとされているそうです。
    関東地方では千葉県流山市とここ浅草橋にしかないそうです。
    ビリケンさん
    作品の詳細はこちら

    No 8
    作品名 鳥越おかず横丁(5景)
    説明 台東区鳥越にある鳥越おかず横丁です。
    230メートルほどの通りに惣菜をはじめ、日用食料品を扱う店が並んでいます。
    鳥越はもともと町工場が多く、共働きの夫婦も多かったといいます。
    そのため、この横丁でおかずを買い求めていく人々により横丁は繁盛したのだそうです。
    鳥越おかず横丁(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 9
    作品名 屋形船(6景)
    説明 台東区柳橋を流れる神田川。
    隅田川へと流れる神田川の河岸には7軒の屋形船屋さんがあります。
    屋形船は忘年会、新年会、春のお花見船、夏の花火船と利用方法はさまざまです。
    また江戸の昔より食通をもうならせた揚げたてのおいしい天ぷらは絶品です。
    東京観光のひとつにいかがでしようか。
    屋形船(6景)
    作品の詳細はこちら

    No 10
    作品名 土手の店(2景)
    説明 台東区日本堤の土手にある店2軒です。
    土手とはその昔、「山谷堀」という川があった事からこの通りを「吉原土手」とも呼ぶそうです。
    土手の伊勢屋本店:昭和初期に建てられた木造の2階建ての天麩羅屋です。 行列のできる店です。
    土手の中江:明治38年創業の老舗の桜鍋屋、吉原大門の門前に暖簾を掲げ109年。
    共に登録有形文化財の建物です。
    土手の店(2景)
    作品の詳細はこちら

1件〜10件を表示 (2540件)

 


となりのシニア

Q. 事務局主催のイベントは何時くらいが参加しやすいですか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2018年11月15日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

ブログランキング

上部へ