シニア・ナビのメンバーズプロフィール

COSMOS さんのプロフィール

2018/08/14 吾喰楽
「八月風流寄席(後篇)」に、拍手を有り難う御座います。いつもながら、美味しい料理と酒を堪能しました。

2018/08/14 やたがりあ
ブログ「お盆でやんす」に拍手をおおきにです。クソ暑い中、相変わらずドタバタやっとりますねん。

2018/08/14 
『サンバの次は』に拍手ありがとうございました。私は、サンバもタンゴも踊れません(〃ω〃)

2018/08/14 藤の花
宿題に拍手有難うございます。久し振りの宿題でした。19:33

ギャラリー作品一覧

1件〜10件を表示 (2450件)

    No 1
    作品名 海軍発祥の地(4景)
    説明 嘉永六年のペリー浦賀来航を機に、海防の必要に迫られた江戸幕府は軍艦建造の禁を解くこととなります。
    明治新政府下で現在の築地五丁目にあたる八万坪余の諸藩屋敷跡地に海軍の重要機関が次々に建てられます。
    敷地内には築山があり、ここに海軍大臣旗が掲揚され、通称「旗山(きざん)」と呼ばれます。
    さらに海軍将校養成のための兵学校、大学校、軍医学校、経理学校などができ築地は海軍発祥の地となります。
    海軍発祥の地(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 2
    作品名 神社移転(4景)
    説明 築地市場内にある水神社です。
    水神社は魚河岸の歴史とともに歩んできた神様で、その始まりは江戸の初めにさかのぼるとか。
    この水神様も築地市場の豊洲移転に伴い6/26に神田明神(千代田区)にいったん移されました。
    神社移転(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 3
    作品名 築地場外市場(5景)
    説明 中央区築地にある築地場外市場です。
    築地市場には場内と場外があり場内はプロの買い付け人たちが買い物をする場所です。
    場外は一般の人が買い物や食事が楽しめるような場所です。
    ここ築地場外市場は昨年の8月に一部火災になりましたが、いまは観光客でごったがえしています。
    お寿司や海鮮丼など様々なお店が沢山あります。
    築地場外市場(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 4
    作品名 魚がし横丁(4景)
    説明 築地市場市場内にある「魚がし横丁」です。
    元々は市場内で働く人用の食堂だったらしいのですが、今は一般の人も立ち入れるエリアの為、安くて美味しいものを求める外国人観光客でごったがえしています。
    店はどこも狭いので、人気のある店舗はかなりの行列も出来ています。
    魚がし横丁(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 5
    作品名 東京いちばステーション(4景)
    説明 築地市場内にある「東京いちばステーション」です。
    築地市場の豊洲移転についてや、都内にある中央卸売市場の紹介等を行う情報発信基地になります。
    無料で入場でき築地市場の歴史や、豊洲移転後の市場についてなどが展示されています。
    ごったがえしている築地市場内にあって涼しくてほっと息をつける場所です。
    東京いちばステーション(4景)
    作品の詳細はこちら

    No 6
    作品名 築地市場(5景)
    説明 中央区築地にある築地市場です。
    元は日本橋魚河岸にあった市場が関東大震災後、海軍省所有地を借り受けて開設したのが、築地市場の始まりだそうです。
    その規模は日本・世界最大であり、代表的な卸売市場です。
    今年の10月11日豊洲市場が開場し移転が始まります。
    今は海外からの観光客で賑わっています。
    築地市場(5景)
    作品の詳細はこちら

    No 7
    作品名 日本国海図及び海洋調査発祥の地(2景)
    説明 中央区築地の東京国税局敷地にある「日本国海図及び海洋調査発祥の地」の碑です。
    明治初期に国防や海運の安全のために時の政府は海図の必要性を感じ、日本人のみで外国に頼らない調査を行い、図面を作ったそうです。
    近代日本の幕開けを感じさせる出来事だったのですね。
    碑の後ろの木は当時中庭の殉職者慰霊碑付近にあった楠だそうです。
    日本国海図及び海洋調査発祥の地(2景)
    作品の詳細はこちら

    No 8
    作品名 江戸の浮世絵師たち(2景)
    説明 中央区の築地市場駅にある壁画「江戸の浮世絵師たち」です。
    ここ築地をふくめ明石町、日本橋一帯は浮世絵が開花した地域だそうです。
    この壁画は江戸文化のはなやぎを今に伝えています。
    江戸の浮世絵師たち(2景)
    作品の詳細はこちら

    No 9
    作品名 日本初の民営洋式造船所発祥の地(2景)
    説明 中央区佃にある日本初の民営洋式造船所発祥の地です。
    ペリー艦隊が来航した1853年 幕府の命で水戸藩がこの地に石川島造船所を創設したそうです。
    ここでは日本人によって設計, 建造された最初の蒸気軍艦「千代田形」など数多の艦船を次々と建造されたとか。
    造船事業は 昭和14年豊洲への移設によって幕を閉じたそうですが、この会社はその後、石川島播磨重工業株式会社と社名が変更になっています。
    日本初の民営洋式造船所発祥の地(2景)
    作品の詳細はこちら

    No 10
    作品名 隅田川河口(4景)
    説明 ♪春のうららの隅田川♪と歌われている隅田川ですが佃あたりは河口近くになります。
    昔は上り下りの船が行き交ったそうですが、今もさまざまな船が行き来しています。
    のんびりと眺めているのにはいい場所ですが、この日は猛暑日でここにいたら熱中症で倒れてしまいます。
    隅田川河口(4景)
    作品の詳細はこちら

1件〜10件を表示 (2450件)

 

となりのシニア

Q. ご加入している生命保険についての満足度を教えてください。

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2018年8月20日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

ブログランキング

上部へ