シニア・ナビのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル 部屋を改装して…
投稿者 素浪人ken 投稿日 2019/02/11 18:29:23
部屋を改装して…
説明 1階は2部屋と屋内車庫、その内の一部屋を手作りで改装。床を抜いてコンクリートにして、出入用のガラス戸を付けて、多目的の部屋にした。

雨の日・早朝・深夜の釣り支度ができる部屋にした。よく使う釣り道具や竿なども置く(枠内)
もう一つの目的は漁師仲間が立ち寄って、お茶をする場所にすることでした。
漁のできない日は、獲った酒の肴を持ち寄って漁談笑で過ごす、そんな思いで…。

前のの画像

次の画像



【素浪人ken さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2019/02/14
プラチナ
2019/02/13
ポレポレ
2019/02/13
ウイールマン
2019/02/12
はまゆう
2019/02/12
ハナコおばさん
拍手数

65

コメント数

8


コメント

コメントをするにはログインが必要です

ミルフィーユさん

土間は便利ですね。
靴を履いたまま、フラッと立ち寄れる、
そんな場所があると、皆さん寄って来てくれるでしょうね。
自分で改装したんですか。
器用ですね。
名付けて、ken'sサロンですね。

2019/02/11 19:07:19

素浪人kenさん

ミルフィーユさんへ、
そうなんです、田舎漁師町のサロンでもと思ったことは確かで、定年直後に調理師の免許を取得しました。
計画がくるったのは、大町に山荘もあり登山もしていたし、今の里山生活もありました。
それとサロンをしなかったのは、そこにくるような連中がいなかったことでした(笑)

鉢巻き長靴で時には雨合羽で生臭い漁師が立ち寄るにはコンクリートが一番です(笑)
常時、茶器と電気ポットと夏には小型冷蔵庫を置き冷たいものを用意しておきセルフサービスです。時には誰かが飲み物を入れていくこともあります。
だから、ここに滞在しているときは鍵は掛けずに外出します。

2019/02/11 19:59:00

夢人さん

理想のセカンドライフですね。
釣りの仕掛けを作ったり漁の準備している時が楽しいんでしょうね。
竿もいろいろありますね、投げ釣り船釣りワクワクしながら
楽しんでいるんでしょうね^^
土間だと漁師仲間が気兼ねなく立ち寄れますし
羨ましいですね^^

2019/02/12 00:21:54

素浪人kenさん

夢人さんへ、
定年後の人生設計を山と海にしました。そして厳しい自然環境でのハードな生活の継続は健康年齢を考えて、70歳までとしたライフスタイルでした。
予定より長くはなりましたが山の方は一昨年撤退、今は海だけです。こちらも処分して山里だけのシニアライフ後半の生活に集約しようとしましたが、お世話になった漁師仲間もいるので未練たらしく継続しています。

山もそうですが、海の恵みと自然との関わり合いで、いろいろな事を知り、体験もしました。部屋の改装もそのために役に立っています。

2019/02/12 10:52:04

★ベンクル★さん

まさに男の隠れ家ですね〜!

2019/02/12 11:58:05

素浪人kenさん

★ベンクル★さんへ、
昔は鰹の遠洋漁業で栄えた小さな港町ですが、構造不況で鰹船が無くなり残るは繁栄時の名残だけ。
そんなことから鰹船に乗っていた人が多く、漁師の殆どが伊勢海老漁で、それもシニアの年金漁師なのでのんびりしています。

遠洋漁業の乗組員だった漁師なので威勢のよい人が多いのと、背広ネクタイのサラリーマン世界とは違う実話が聞けて楽しいです。漁も含めていい経験をしています。

2019/02/12 20:28:46

ウイールマンさん

私も釣りは大好きでした。 特にマグロ釣りが一番エキサイト。
凝りに凝って、自分で竿を作ったり、、、もちろん車庫を改造して、釣りの道具や、魚拓を飾ってました。

今釣りはもう止めました。
スポーツフィッシングで、魚を殺生するのが何となく心苦しいみたいで。

刺身はマーケットで買い、食べる時は漁師さんが、頑張って釣ってくれたことに感謝して、食べてます。

2019/02/13 11:55:23

素浪人kenさん

ウイ―ルマンさんへ、
自転車だけかと思っていましたが大物釣りをされていたんですね、凄いです。
kenもやりたいと思う気持ちはありましたが、今に釣りにプラスそこまでは無理でした。

「魚を殺生するのが何となく心苦しいみたいで…」よく分かります。kenは、もっと小さい魚ですが、サバクときにそんな気持ちになることもあります。

写真で見るこの入江は左方向に奥行きがあります。その昔はイルカの追い込み漁が主たる漁でもありました。
近年、太地町におけるイルカ追い込み漁及び日本の捕鯨は一部から反対運動を起こされています。

反対している人達も魚も肉も食べています。人が生きてゆくために魚も動物も貴重な資源です。牛も豚も鶏も殺します。鶏のから揚げやマグロを美味しいと食べる人は多いです。

この地域の漁師も自然の恵みに感謝すると共に、供養の儀式を行っています。kenも参加させていただいています。
漁師は自分のことだけでなく、いただいている多くのお客さんをも代表しているのだと言っていました。

2019/02/13 14:15:29


同ジャンルの他の作品

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ