シニア・ナビのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル 桑の葉を食べてる蚕。
投稿者 貴裕 投稿日 2017/07/15 20:50:26
桑の葉を食べてる蚕。
説明 こちら箱根自然観察施設内にて。

夏休みも近づき子供たちの郊外社会授業も開催されます。

養蚕
日本古来よりの伝統文化。皇室行事の『御給桑』から、小学校授業で”蚕の飼育”も有るとネットで知りました。
庶民の生活と共に存在した歴史を学びました。

前のの画像

次の画像



【貴裕 さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2017/07/29
レフア
2017/07/18
さつき
2017/07/18
浦島
2017/07/16
喜美
2017/07/16
COSMOS
拍手数

26

コメント数

8


コメント

コメントをするにはログインが必要です

emuさん

桑の葉と蚕がなつかしいです。
ここに引っ越してきた当時は、まわりは桑の木でいっぱいでした。
蚕を飼っているお宅も多くて、子供と一緒に見学に行ったものです。
「お蚕さん」って呼んでました。

2017/07/15 21:01:30

貴裕さん

emuさん こんばんは。

早速のコメントありがとうございます。

私の人生に蚕が関わった事なく正直初めて見ました。桑の実は毎年つまんでますけどね。
皇室行事にも有るほどだから「お蚕さん」頷けます。


蚕の一生も思えば悲しいです。家畜と同じなんですね。

2017/07/15 21:17:57

みのりさん

貴裕さん

 蚕が桑の葉を食べているんですね
久振りにみました。
 蚕で絹糸が取れるんですね

2017/07/15 21:33:01

素浪人kenさん

天皇陛下が桑畑と蚕を飼っていることは皇室行事で毎年紹介されています。

東京多摩地域から神奈川県央西部は昔から養蚕が盛んでした。関連産業として生糸や織物産業もあり、基幹産業として位置づけられていました。
神奈川県の愛甲郡や相模原市、厚木市などは桑畑が多かったです。

東京八王子市から町田市そして横浜港まで絹を運ぶ道(シルクロード)と呼ばれて歴史に残っています。

2017/07/15 21:54:36

山すみれさん

懐かしいです〜♪

蚕から育て

祖母の織った着物地

叔母に貰いました〜♪



2017/07/16 04:56:48

貴裕さん

みのりさん こんばんは。

こちら箱根ビジターセンターにて小学生の郊外学習教材用に飼育してるのかな?とも。

戦前とかは養蚕農家どこにでも普通に有ったようで生糸は生活に欠かせなかったみたいです。

2017/07/16 19:42:49

貴裕さん

素浪人kenさん こんばんは。

貴重な知識頂きありがとうございます。

戦前貿易港として横浜が生糸の輸出に重要な役割を果たしていたこと社会科で勉強した記憶ありです。
シルクロードの存在はそうなんですか。

山下公園前に、シルクセンター博物館がありますしね。

2017/07/16 20:01:57

貴裕さん

山すみれさん こんばんは。

着物地 反物。
母親から娘に引き継ぎ大切に使ったようですね。家内も親からの着物大事にしてます。

そんな物を大事にする習慣は今の時代、失い欠けてるようにも思います。

2017/07/16 20:11:11


同ジャンルの他の作品

となりのシニア

Q. ご加入している生命保険についての満足度を教えてください。

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2018年8月20日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

今月の人気作品

上部へ