メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

しばやんの日々

1件〜5件を表示 (428件)


鹿鳴館時代に検討されていた条約改正案は欧米に媚びる内容で世論の大反対を受けた 

2019年02月12日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

前回の記事で、明治の初期から極端な欧化政策が採られて、その最もひどかった時代が鹿鳴館時代であることを書いた。鹿鳴館は、国賓や外国の外交官を接待するために、明治政


記事の詳細を見る

極端な欧化主義でわが国の伝統文化や景観破壊を推進した政治家は誰なのか 

2019年02月06日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

文芸評論家の高須梅渓が大正九年に上梓した『明治大正五十三年史論』によると、廃藩置県以降の明治政府は、復古的、保守的ではなく、むしろ革新的、進歩的に動いたと指摘し


記事の詳細を見る

『文明開化』施策という極端な欧化主義政策と日本の伝統文化破壊 

2019年01月29日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

前回の記事で、歴史学者・徳重浅吉が、明治政府は「御一新の名によって嵐の如く旧物を破壊し尽くしたかの観さえある」と書いていることを紹介した。『文明開化』の時代に、


記事の詳細を見る

『文明開化』で旧来の制度や習慣を西洋化しようとした政府と、それに抵抗した人々 

2019年01月22日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

【丁髷(ちょんまげ)を嘲笑した外国人】かつて日本男児にとって丁髷はかけがえのないものであったと思うのだが、外国人にとっては非常に滑稽なものとして目に映ったようであ


記事の詳細を見る

『文明開化』における新旧風俗の大混乱 

2019年01月16日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

前回の記事で、戊辰戦争が一段落したあと大倉喜八郎が、これからはわが国で洋服の需要が急速に高まることを予見してイギリスの羅紗工場を私費で視察したことを書いたが、喜


記事の詳細を見る

1件〜5件を表示 (428件)

PR



となりのシニア

Q. シニア・ナビを知ったきっかけは何ですか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2019年3月1日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

上部へ