メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

兵庫県南部の島

コンバインのフル稼働 

2018年10月13日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

晴れが続くと、稲刈りをイライラしながら待っていた稲作農家はコンバインで稲の収穫をする。まだ、圃場が湿気すぎていてもコンバインのキャタピラで入っていく。
稲刈りが終わるとキャタピラの走行跡が深くなっていて、一雨あれば水たまりになる。

稲刈りを終えた田んぼはすぐに耕耘されて、葉物の畑に変わっていく。もう少ししたら玉ねぎ畑にもなる。

我が家の畑ではサツマイモが青々しすぎている。明日は少し試し堀りでもするか。


「イモ食えば お茶も飲みたし 秋 3時」
「紫の 皮むきながら 食べる芋」
「喉詰めて 芋をほうばり 目は空ろ」
「今年また 美味しく食べる 芋の秋」
「粥に入れ 食べた昔の なつかしさ」

いよいよ、「天高く 馬年の私の 肥ゆる秋」が来たようだ。


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR

上部へ