メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

じいやんの日記

気温と食べ物 

2018年09月22日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:日記

昨日は毛布一枚では寒くて目が覚めました。
特定健診でレントゲン撮影の為に出かけなくてはいけないのに小雨が降ってます。
長袖のTシャツでは寒くて、思わずもう一枚着こみました。
検診では、団地内の高齢者が集まりますが、皆さん寒そうで、冬支度の格好を多く見かけました。

その後、孫2号も運動会のお弁当担当の為に、スーパーに買い物!
一日中小雨だが、今日は曇りの予報、朝の6時も花火で開催かどうかをお知らせするそうです。

後15分で花火?

とりあえず、準備だけはしておかないといけません。

どんな「おかず」がいいのかな?
弁当と気温はあまり関係はないけど、夕食のおかずは変ってきますよね。

昔、コンビニのコンサルで、調べたことです。
「人間の欲求は気温や晴雨などの気象条件の影響を受け、それによって売れる商品も変化する。
暑い日には冷たいものが売れ、寒い日には温かいものが売れるといったことだが、統計的な研究により、もっと具体的な変化が分かってきている。」

結論から言いますと・・・

気温15度以下になると鍋物が売れ始る。
22度にあがるとビールが売れる。
27度にあがるとアイスクリーム、
30度になるとアイスクリームは売れなくなり、かき氷が売れ始める。

20度以下になると焼き芋、もう少し下がるの2日間、チョコレートが普段より30%以上たくさん売れた。セブンイレブンの関係者は、「チョコレートは高熱量食品である上、口の中で溶けながら温かい感じを与えるため、寒い時によく売れる」と聞いたことがあります。

早く運動会の開始決定が出ればいいのに!


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR



上部へ