トラのミステリな日常

キッチンをリフォーム 

2018年09月18日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

母に、敬老の日のプレゼントを届けに行きました。
プレゼントと行っても、品物じゃ無くって、「金一封」です。

母には、「母の日」、「誕生日」、「敬老の日」、そして「お年玉」の年に4回、「金一封」を持って行っていますし、年末には、マンションの1年分の管理費もプラスして渡しています。

20年ほど前までは、花束や和菓子、果物などを買って、持って行っていましたが、
「欲しいものは自分で買うから、お金が良い」というので、「金一封」にしました。

それでも、
「最近は、果物が高いなぁ」とか言われると、季節の果物を買って持って行っているので、2重取りされて居るようなものです(笑)
私に言うと、いつも聞き流すだけなので、亡き妻にこっそり言っていたようでした。

父と母は、50代の頃に離婚しているので、母も生活費が必要なので仕方が無いかと思って、いろんな形で援助をして来ました。

父が15年ほど前に亡くなった時にも、父の遺産は父の再婚相手の元に行ってしまったので、母には入りません。
年金も、月5万円程度の国民年金分だけなので、毎月、預金から補填をしているとのことでした。

なので、私がいただいた父の遺産はすべて、普通預金に全額入れて、
「好きに使って良いよ」と、通帳とキャッシュカードを母に渡してあります。
それから15年ほど立ちますので、貯金通帳の残高は、半分弱になっています。

ところで・・・

通帳とキャッシュカードを渡した頃は、いろんな物を買ったりしていたようですが、最近はほとんど減っていません。

もっとも、年をとると、食べるものも少なくなるし、一人では外出もしなくなるので、お金を使うことは無いんでしょうね。
私とどこかに行くときは私が支払うし、妹と行くときは妹が払っているようです。

「最近は、通帳のお金は使っていないの?」と母に聞くと、
「孫もみんな就職したので、使うことが無くなった」
「ほとんど、孫に使っていたの?」
「まぁ、半分ほどはそうやな」
私の預金は、妹の子ども達に使われていたようです(笑)

「もっと、自分のために使ったら良いよ」と言うと、
「これからはそうするわ」
すると母が、
「今度、キッチンをリフォームするねんけど、通帳のお金を使わせてもらうわ」
「どうぞ。好きに使ってちょうだい」
「アンタの家の台所を見ていたら、私もリフォームしたくなった」とのことです。

妹に言うと、
「もういい年なんやから、今のままで良いやろ」と言われたそうです。
「何にでもホイホイと、兄ちゃんの預金を使っていたら、怒られるで」と言ったそうですが、
「あんたは怒らへんわな」と母。

「その代わり、その通帳が0になっても、後はしらんで・・・」と言うと、
「誕生日とかにあんたから貰う分と年金で、生活の方はそれで十分や」

1930年(昭和5年)生まれの88歳。まだまだ元気なようなので有り難いです。


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

母と妹も・・・

トラ。さん

モナコさん、こんばんは

私は母とケンカはしませんが、妹と母は良くケンカをいます(笑)
両者の文句を、私が聞き役になっていますが、いつもべったりです。
上手く付き合っているようです。

2018/09/21 20:32:57

こんばんは。

モナコさん

親孝行されてますね。
私にも90歳になる母が、います。
女同士は、よく喧嘩になります。
元気で長生きしてして欲しいですね〜

2018/09/21 20:24:26

私が先に・・・

トラ。さん

月あかりさん、こんばんは

母は、まだまだ元気そうなので、100歳までは、あと12年ほどなので、大丈夫のようです。
私の方が先にくたばるかも知れません。
何歳になっても、綺麗な台所ってうれしいものなんですね

2018/09/18 18:25:27

お金の使い方

月あかりさん

メリハリがあって上手にお使いになって
いらっしゃるといつも感心します。

これを活きた使い方というのでしょう。
お母さまとの会話も気持ちがいいです。
キッチンと言わずに、やっぱり台所でしょう!

女性は特に台所に、こだわりがありますから
希望に沿ったものができれば嬉しいですね。

2018/09/18 12:10:04

PR

上部へ