メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

すき焼き  雑感 

2018年08月15日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



★アメリカで育った孫たちは、日本にやってくるとなぜか「すき焼き」を食いたがる。
 特にいま来てる、長男の門野力也は『すき焼き』が大好物で、三木に来た最後の夜は『すき焼き』が定番になっている。
?確かに、『すき焼き』は日本を代表する料理の一つで、1961年にリリースされ、国民的ヒット曲となった坂本九の『上を向いて歩こう』
は何故か『SUKIYAKI』というタイトルで全米ビルボード1位を獲得したことを果たして孫たちは知っているのだろうか?

1963年6月、日本のポップスが米国の「ビルボード・ホット100」で3週連続1位に輝いた。それから半世紀を経た現在も、チャート1位を獲得した日本の歌は、この『SUKIYAKI』だけである。と記述されている。

日本が高度成長期に向かう昭和36年にリリースされた

?
★アメリカで育った孫たちが、『好き焼き』を食いたがる訳は単純で、肉の本場アメリカなのに『すき焼き用の薄切りの肉』は日本スーパーでしか売っていないし、『めちゃくちゃ高い』のである。それに『すき焼き』にはつきものの『生卵がない』というか、アメリカの卵は『生では食えない』のである。
そんなことで、アメリカでは肉はしょっちゅう食卓には上るのだが、『すき焼き』は食うことができないのである。
昨日は、すき焼きをしようと、スーパーに肉を買いに行って、本来なら2580円の『すき焼き用の肉』を2パック買ってきた。
?
 
?
  誠にラッキーだったのは、賞味期限が昨日までで、珍しく肉が『半額』で売られていたのである。
 そんなことで800グラムの肉で、孫と3人で『すき焼き』をしたのだが、食いきれずに未だ200グラムは残ってしまったので、今日はうどんを入れて昼にでも食おうかということになっている。
 もしこれが長男ではなくて、『大食い』で通っている次男がいたら、残らず食ったに違いないのである。
 『次男』が来た時は、こんな高級な肉は1パックで、あとは普通のすき焼き肉をいっぱい買ってくるのだが、肉が『半額』になっていたことは一度もないのである。
 
★このブログは、Facebookにもアップするので、アメリカの孫たちも間違いなく見るはずである。
 ある意味、アメリカの孫たちへの『報告ブログ』なのである。
 彼ら、果たして『坂本九のSUKIYAKI』のことしてたかな? と思いながらついでに紹介もしておいたのである。
 今年の盆の孫の夏休みも今日が最後、夕方の新幹線で藤沢に戻っていくのである。
 私のお盆休みも今日で終わりである。
?
★NPO? The Good Times のホ―ムページです
★ 今年4月に始めた Instagram です
★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。
★60万人フォロワーのいる公式ツイッターです。
?★雑感日記のEnglish Version です。

?
?
?
?

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ