でんすけちゃん

塀の修理 

2018年07月25日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し


 こんばんは。
 
 今日は朝から大工さん達が、ウッドデッキの作成。

 室内は、養生を取って、残材を処理して、スッキリしてしまいました。

 さて、隣家との境に何十年も経っているブロック塀があります。かなり老朽化して、ボロボロはがれて落ちていますので、今回の改築を機に直そうと思いました。

 しかしブロックのちょうど真ん中に境界があるので、お隣に相談。「ちょうど、今、大工さんが来ていますので」と話すと、先方は「相みつを取りましょう」とのこと。

 あちらにも知り合いの工務店さんがいるという話で、本日両社の見積もりが出そろったので、工務店さんと一緒に隣家に行きました。

 せーの、で書類を交換。

 あちらの税込み価格と、こちらの税抜き価格が、ほぼ同じ。

 すなわち此方が高いということ。

 しかし、さすがは工務店さん、内容をチェックすると、あちらが選んだフェンスは、昔の餅網みたいに四角く針金を組んだ、スケスケのものでお互いが見えるもの。こちらが選んだフェンスは、目隠しが斜めについていて、風は通るけど、お互いのプライバシーが保てるもの。

 そこで価格が全然違うのです。

 息子夫婦にも相談しましたが、スケスケではイヤだという結論になったので、あちらの工務店さんに、もう一度うちと同じ目隠しタイプで見積もってもらうことにいたしました。

 さー、この勝負、どうなりますことやら。
うちは安く出来れば、どちらでもよいのですけど。

 


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR



上部へ