人間観察そして恋そして小説も

驕れる権力者達 

2018年05月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


アメリカンフットボールの日大−関西学院大定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で日大守備選手が反則行為を重ねた問題で、日大は17日、アメフット部の加藤直人部長名で談話を発表し、内田正人監督らが関学大を訪問して謝罪する考えを明らかにした。 日大によると、訪問するのは内田監督、加藤部長だという。時期については、関学大と調整しており「できるだけ早く」と説明している。関学大アメフット部のほか、日大の守備選手の悪質なタックルで負傷した関学大の選手と保護者にも謝罪の意向も示している。 日大アメフット部は15日付の関学大への回答書で、事実関係を解明したうえで24日をめどに回答するとしている。謝罪は「それ以前にしたい」という。 部長名の談話の冒頭で日大は負傷した選手と保護者、関学大アメフット部に謝罪。しかし、反則行為については15日付の回答書を踏襲して「指導方針はルールに基づいた『厳しさ』を求めるものであり、指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きた」と説明した。【村上正】  遅きに失すとはこのことだ。誰の目に見ても傷害なのに責任者が表に出ず、言い訳ばかりを言う 裸の王様状態だったのだろう 権力を持つと人はどうしてこうも非常識になるのだろうか 権力がそうさせるのか人の弱さが増長を呼ぶのか なりたくはないあんな権力者には ひょっとしたら権力者になるにはあれぐらい図太くならないといけないのか いずれにしても落ちた偽りの太陽はぼこぼこにされるがおちだ。 己が招いた結果とはいえ少し気の毒な気もする周りにもう少しまともな人がいれば・・・・・・ 彼今震えているのかな布団の中で まさかね    にほんブログ村



>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ