メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

80歳自分へのご褒美旅 34  フォンソワーズの村の美術館 

2018年04月03日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し




フォンソワーズの村の中心地はトリュフェの市が立ったところで、建物の数は数十軒、
数えたわけではありませんが三桁にはとてもとどかない数です。
それなのに村には美術館があるのです。
私の住む市は人口は40万を超えて居ますが美術館どころか郷土資料館もありません。
フランスの文化の奥深さを感じます。

入り口の近く(0階)にはこんな展示物がありました。
上の階が展示室です。

猫の木彫が数十点並んでいます。

リスみたいに大きな尾を持つ猫も居ます。

親亀の背中に・・・ではなく、ロバの背中に犬、犬の背中に猫、ネコの背中に鶏。


館内はこんな感じです。

エンゼルは顔もボディーも髪に隠れています。

この女性が作者です。

展示室の奥の部分は下着姿の女性像ばかりなのでカットします。

観覧車は我々だけでした。ゆっくり鑑賞して、パリへと向かいました。

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ