メニュー

「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』その1 物語の進行と星座の関係 

2018年03月12日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

賢治は百科全書派 宮澤賢治は、様々な学問分野の知識を持っているので、作品の謎を解明するためには、研究者の方でも幅広い学問知識が必要となります。しかしながら、研究分野の細分化が進んでいる現在、これは「言うは易く行うは難し」です。 このため、研究者の大半は、自分の得意分野に特化して賢治文学を扱うことが多く、時々、独りよがりでとんでもない「怪説」が登場します。それが一見面白いので話題になり、地道な研究の足を引っ張ることも。 私の恩師は、賢治の自筆原稿、つまり一次資料に徹底的にこだわると共に、賢治の記した宗教、鉱物、植物、天文、気象、火山などの真相に迫るため、これらについても深く研究されています。 賢…

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR

上部へ