メニュー

「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

春らしい陽気にクロスケが 

2018年03月10日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:koyampiの動物王国

 大荒れの天気が収まり、今日はぽかぽかの好天気。
 窓ガラスにとまった虫も、じっとしているのを止め、元気に動き回っています。動物も植物も躍動する春は、もう目の前。

 春らしい薄青色の空に、雲が西から東へとゆったり流れて。犬に見えたり、象になったり、千切れて姿をくらましたり。

 こんな浮き浮きする陽気に、クロスケは旅立っていきました。

 クロスケは、もとは野良猫。みすぼらしい姿で近所をうろついていた黒猫です。近所の友人に拾われ、飼い猫となって数年。塀の上で日向ぼっこをする姿にも、飼い猫らしい落ち着きが出てきて、
「クロスケ、よかったねぇ。」

 ところが、雄猫どおしの喧嘩で額に痛々しい傷ができて、病院で手当てをしたのですが、傷以外の持病が重く、今日、友人の手の中でその一生を終えたのです。

 玄関のチャイムがなるので外に出てみると、友人が悄然と立っています。涙を堪えながら、クロスケの最期を語る彼。

 彼の家の玄関に安置されたクロスケに手を合わせ、今、ぼんやりと雲の流れを目で追っています。


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

涙が出ました

koyampi58さん

みのりさん、コメントありがとうございます。

クロスケは、病気で死にそうになっていたのを友人が介抱したために、元気を取り戻した猫ちゃんです。

それだけに、友の悲しみは深いんですね。クロスケに手を合わせるとき、私も涙を流してしまいました。

もし彼が救いの手を差し伸べなかったら、クロスケはとっくに死んでいたはず、彼の手の中で幸せな最期を迎えられたのは、クロスケにとって幸せだったのだと思います。

千切れ雲とともに消えて行ったけれど、友の心の中にはいつまでも生き続けることでしょう。

2018/03/10 21:09:09

クロスケ

みのりさん

クロスケとは犬ですか?
愛犬だったのでしょうね
 ポカポカ陽気で春を感じ
ますね

2018/03/10 17:21:58

PR

上部へ