般若苑のブログ

伏見稲荷大社 

2018年02月25日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

"知り合いの女のマンションに着くなり、 女は大真面目な顔で言った"   ?「あなた、何したの テレビにでてるじゃない」?      ?テレビをつけると、夜のニュースで いきなり、その似顔絵が映し出された  その似顔絵には注釈がついていた?  ?「年齢35〜45歳、身長175〜178cmまゆ細く、目が細くつり上がる、がっちりした体格、くずれた感じのサラリーマン風」?      ?知り合いたちも、一様に似顔絵を話題にした 「お前、似すぎているぞ」?    ?私をチクった者の数は、相当のものだったようだ 「キツネ目の男は、伏見区に住んでいる 宮崎学や、間違いない」?     ?結局、似顔絵との類似を否定したのは、 私本人とおふくろだけだった?     ?「冗談やない、学はあれよりええ男や」と おふくろは姉に言って、怒っていたらしい?    ?身近な連中にまで そっくりだと言われるとなると、?    ?実にやばい事態というほかはなかった?     ?子供のころ、学校を抜け出しては、 伏見稲荷の境内でチャンバラをして、?    ?そこここに置かれたキツネの石像を叩いたりしていた?    後年、「キツネ目の男」に擬されるのも、 そのバチがあたったということなのだろう   宮崎学著『突破者ー戦後史の陰を駆け抜けた50年』より    ※※※   伏見稲荷大社に、はじめて、お参りしてきました    「千本鳥居」の中をくぐりながら、 稲荷山を登ります     いろいろな国の言葉が聞こえてきて、   外国に来たみたいな気分が味わえます     ここでは、誰もがリラックスして    京都を楽しんでいます      特に恋人どうしで来るのは最高ですね    異次元のなかで、二人だけの世界!    ここでは、縁結びもお願いできます      境内には、その他いろいろなご利益のあるお社があります(↑足腰の痛みにも…)   ↑お土産には、きつねせんべいを買いました     でも、稲荷山に登るのはかなり大変で、 竹の杖をお茶屋さんで買いました(昨年の室生寺に続いて、二本目)


>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ