「楽しくって、ふーらふら!」

直木賞受賞作 「海の見える理髪店」 荻原浩著 

2017年12月22日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

直木賞受賞作です。短編が6編収録されています。冒頭は「海の見える理髪店」。床屋での風景です。小説とは違いますが、床屋でいつも不満に思うのですよ。ほとんど禿げ頭のワタシですが、料金はふさふさの髪の若者と同じ料金です。「おかしいじゃないか?」親方に文句をつけました。「だんなの毛を捜すのに苦労するんですよ。その手間が馬鹿になんない」「海の見える理髪店」は表題とおり、海辺にあるのだが、腰を下ろすと、鏡に海

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ