メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

兵庫県南部の島

思うこと 

2017年07月26日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

8月6日まで展示会に釘付けですが、いろいろな方に説明していて感じるのは「淡路島は一つ」と言うことです。

淡路島には4万人程度の市が3つあります。私は住んでいる市の隣の理科活動に参加させてもらい、説明員としてボランティア活動中なのです。説明するときは、地質がこの地域と私が住んでいる地域から北とは違っているのです。説明の冒頭にはこれが必ず出てきます。
淡路島の地質の理解にはこの違いを先に言っておかないと変なことになります。

ネットで「淡路島」と検索されるとかなり多量のものが出てきます。最近になってものすごく増えています。玉石混交、閲覧には正誤の判断が必要です。伝承・伝説・神話を歴史と誤ることも多いです。公的機関の内容もかなり誤解されるというものもあります。入ったらいけない場所に入ったことを、自慢げにネットに上げる人もあり、それに続く人もあります。

観光で来られる場合はどうされているのでしょう。自家用車なら海峡大橋を渡れば、島内は自由に走れます。
高速バスや最近できた航路なんかの利用の場合は、淡路島の交通機関は少ないのが問題ですから、よく調べていただかないと、動けないと言うこともあります。観光バスツアーなら、それなりの所には必ず連れてもらえ、私の感覚では、そんなに高くはなく、内容によっては安価と思えるものがありますが、自由度はありません。

京阪神から安近短で多くの方が、淡路島のポイントを探して来ていただいたらなぁ、と思っています。、


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR

上部へ