メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

じいやんの日記

優しい人 

2016年11月10日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:日記

貴方は、「優しい人」ですか?
優しさとはなんでしょう?
「優しさ」とは、人の気持ちが分かり、柔らかく穏やかな印象を人に与える人の事でしょう。
そんな人がいるとなぜか自分までほっとして、温かい気持ち?幸せな気持ちになれる人でしょうか。
一番身近に感じるのは、街中や電車の中で、困っている人にすかさず手助けをしている人を見かけたら、誰だって「優しい人だなぁ」と感じるでしょう。
電車やバスの中で、高齢者や身体の不自由な人、妊婦さんなどに席を譲る人や車椅子の人を見かけたら、すかさず手を差し延べている人でしょう。
クリスマスや年末年始に恵まれない児童施設の子ども達を支援をする人たちや、子どもや動物・花などを愛する人を「優しい人だなぁ」、と感じるでしょう。
「優しさ人」という言葉から連想するイメージは人それぞれかもしれませが、硬い解釈ですが辞書を調べてみました。
・姿・様子などが優美である。上品で美しい。
・他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。
・性質が素直でおしとやかである。穏和で好ましい感じである。
などと書かれてます。
しかし、なぜ優しい人になれるかは書いてません。
私なりの経験や知識では!
いえいえ、そんなことを私ごとき人間が「優しい人」になれる方法なんて言える訳がありません。
と言いながら、感じてることを書いてみます。
「当事者になる事」ではないかと思ってます。
「その人の立場になってみる」とよく言われるけど、所詮、当時者でないと分からない事が多すぎます。
でも、そうでもしないと想像はできません。
だから50%でも当事者の立場になったつもりで、考えます。
そしたら、優しい人に近づけます。
だって、自分が一番か可愛いし、自分のためには最大限度力するから、自分の為になることを望めるから、自分に優し人になれる。
その気持ちを他人に持てるなら、少しは「優しい人」になれる。
なったつもりにはなれるでしょう・・・
しかし、本当に「優しい人」にはほど遠いかも?


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

優しさが大切ですね。

つちのえさん

年齢を重ねるにつれひしひしと感じます。

優しくすれば、優しさが返ってきます。
そしてまた、優しくする。

優しさって、許しあうことでもありますよね。

人を認め、許すことができる人は強い人です。

そんな人なりたいです。

(^_^)v

2016/11/10 18:12:15

PR



上部へ