メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

目指せ!ハッピービジネスマン道

稟議書に押す印鑑でわかること 

2016年05月27日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


稟議書に押す印鑑でわかること大きな会社では、「稟議書(りんぎしょ)」と呼ばれる書類があります。社内で、ある特定の人たちに順番に書類を回覧・閲覧して印鑑を押してもらい、最後は最終決裁権限者が印を押します。無事印が押されれば「決済」となりますが、決裁権限者が印を押さなければその書類に書かれていることは承認されない、ということになります。一般的に印鑑を押すときはみんな印影をまっすぐに押します。ところが、小さな抵抗というか、書類の中身に多少の拒否反応を示している場合は、あえてハンコを横に押したりする人がいたりします。場合によっては「僕はノーだけどみんながイエスならまあ認めるよ・・・」という意味で印鑑をさかさまにして押す人がいたりします。こうしたことはどういう押し方をしたらどういう意味なのかをみんなが共通認識していなければ伝わりません。知らない人から見たら、いい加減なハンコの押し方だな・・・くらいにしか見えません。 稟議書に押す印鑑で、その回議者の気持ちを忖度(そんたく)できるのは面白いと思います。稟議書で大事なことは「自分のところで書類を滞らせないこと」です。リーダーは、イエスならイエスで、ノーならノーで良いので、早く意思表示をすることが大事ですね。 私の著書 全11冊http://www.amazon.co.jp/-/e/B00VUO7NIC組織・マネジメントシリーズ第1弾『真の企業リーダーになるための教科書』Kindle版 250円組織・マネジメントシリーズ第2弾『上場企業流!伸ばす経営術』Kindle版 500円組織・マネジメントシリーズ第3弾『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』Kindle版 880円組織・マネジメントシリーズ第4弾6月発刊予定最新刊! 5月21日発売済   『成功する人のお金の貯め方』https://www.amazon.co.jp/dp/B01FPRRYHEお金の教養シリーズ第4弾Kindle版880円



>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ