メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

都わすれの「「ベガルタ応援日記」

ガンバ大阪戦諸々・・続き〜! 

2014年05月30日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


「熱しやすく冷めやすい」って人も多いようだけれど、私は確かに「熱しやすい」って思うがそれが継続するんだよ 


30歳過ぎて始めたママさんバレーボールも、61歳までは続けたから30年はならなかったが夢中でやったよ(それも膝に悪かったらしいが)


その頃はバドミントンもやっていたし、ニュースポーツだったミニテニスも・・


退職の翌年から始めた絵手紙も、上達はしないが10年は過ぎちゃった 


ベガルタも本格参戦は退職の翌年だったから、10年が過ぎた(ボランティアも10年)


ママさんバレーボールもバドミントンも、はたまたベガルタボランティアも出来たら続けたかったが、膝が問題で止めた 


一昨日市民センターでの絵手紙教室の帰りに、ママさんバレーボールの帰りらしい方と会って「羨ましいです」って、つい声を掛けちゃった 


今は膝のためには行かない方が良いのかなぁとも思うが、やはり足はユアスタに向く・・ホントベガルタに嵌っちゃったね 


勿論これからのことは分からないが色々思いをめぐらすが、来季は年チケは無理だろうね・・「SOCIOCLUB」はどうするとか 


今はベガルタが一戦一戦・・勝利をかけて戦うように、私も一戦一戦ユアスタに行けるかなぁって思い 


ちょっと膝がしんどいなぁと思うと、スカパー観戦にするかって思うが、ガンバ大阪戦に行って「勝ったぁ・・」でやはり来なくちゃって思っちゃう 


28日の絵手紙教室で先生は毎度、ホワイトボードに絵手紙作家小池邦夫氏の言葉など書かれるが、あの日はNHKテレビ小説かな「花子とアン」の卒業式に、ブラックバーン校長が言った言葉って・・(前略)


人生は進歩です 



若い時は準備の時であり最上のものは



過去にあるのではなく将来にあります



旅路の最後まで希望と理想を持ち続け



進んで行くものでありますように。


過去は「波乱万丈」色々あったが、それを踏み台にしてきたかもしれない私 


最上のものは将来にあるのね・・前を向いて頑張ろう 


今日もレイス接骨院へ向かいますが、少しでも今後のため(手術までのメンテか)と捉えて進んで行きます 


ガンバ大阪戦の続くです(苦笑)


その日の入場者は8000人割れ、しかし前節のサガン鳥栖戦と比べたら多いよね(入場時の写真は撮らなかった)


円陣を組んだ選手らが「さぁ・・頑張るぞ」って言いっていたのかなぁ 






スタメンが表示されたオーロラビジョンだけれど、私の席からはこの程度にしか撮れず(暗くなってきたし・・)






前半のベガルタCKのシーン、梁選手がボールを蹴ってからシャッターを押したが、この時はゴールならず・・






その後だったでしょうか誰のシュートか分からないが、確かポールに助けられたのが1本あったよね(遠かったから前半か・・)


そして帰宅するまで誰のゴールか分からなかったが、赤嶺選手のゴールで「1−0」のオーロラビジョン(クロスにヘッドまでは見えたが、その後のシーンは遠くて良く見えずもゴールは分かった)







後半はベガルタが良かったから(前半と大分違っていた)、危なげはなかったかと・・


試合終了間際かな・・もしかして、大海選手の後姿を撮ったこと思えているが・・





大海選手には色々思い入れもあったから、本当に嬉しかった(私の席からは見えなかったが横断幕あったよね)


1年半ぶりと言うから大海選手の思いは・・涙が出たよ 


そして試合終了







挨拶の来られた選手ら、フラッシュたかなかったから画像が良く見えないが・・

   
   


その後「NO.8さん」と「ヤッタネ」の握手をして、コンコースへ出たがボランティアさんと握手しながら駐車場に向かった 


極力歩かないようにしているから、午前の絵手紙教室とかから4500歩くらいだったが、最近は帰宅するとダウンです 


ブログランキングに参加中ですので、下のバナーをクリックいただくと嬉しいですo(^▽^)o


にほんブログ村







>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ