メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

大間秀雄のブログ

富士通川崎レッドスピリッツの後半戦は 

2014年02月25日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

Vチャレンジリーグも第2レグ後半戦に入りましたが、前半戦2敗してたが後の無い富士通はつくばユナイディトに快勝し4強の星のつぶし合いの混戦となった中東京ヴェルディと大同特殊鋼レッドスターにも連勝しいいスタートをきった。


開催日 2014・02・22


会場 稲城市総合体育館

富士通川崎レッドスピリッツ 3 : 2 東京ヴェルディ

1s-28:26 2s-25:19 3s-22:25 4s-17:25 5s-16:14


◇試合レポート

第1セット、東京ヴェルディはスタートから栗木の強力な連続サーブポイントで終盤までリードするが、富士通カワサキレッドスピリッツは横田のブロック、松野のアタックで差を詰め、終盤、中川のスパイク、ブロックで逆転する。デュースとなるが、富士通は横田のブロックでセットを取る。
 第2セット、富士通は序盤から、田中、岩井の力強いアタック、横田のブロックで6連続得点しリードする。東京ヴェルディは高橋、根布屋のアタックで反撃するが、富士通がセットを連取する。
 第3セット、東京ヴェルディは木村の切れのあるアタック、上村のブロックでリードする。富士通も中川、岩井のスパイクで対抗し終盤、横田のブロックで同点とするが、東京ヴェルディが上村のアタックでセットを取る。
 第4セット、一進一退のゲームとなる。東京ヴィルディは木村、栗木のスパイクでリードし、替わった中村、濱口のサービスポイントでリードを広げセットを奪取する。
 最終セット、終盤、富士通は中川の渾身のアタックで3点リードし、松野のアタックでマッチポイントを取るが、東京ヴェルディも浜田のブロック、根布屋のアタックでデュースとするが、富士通は岩井のアタックで再度マッチポイントを掴み、試合に勝利する。東京ヴェルディはホームで勝利を飾る事が出来なかった。

◇監督コメント

本当に苦しい試合でした。東京ヴェルディのオフェンスに対し、勇気を持って立ち向かったことが勝因です。
 明日も苦しい試合が続くと思いますが、勇気を持って頑張ります。
 応援ありがとうございました。


開催日 2014・02・23


会場 稲城市総合体育館

富士通川崎レッドスピリッツ 3 : 0 大同特殊鋼レッドスター

1s-25:19 2s-2519 3s-25:20


◇試合レポート昨日、フルセットの激闘を制し2位に浮上した富士通カワサキレッドスピリッツと、同じくフルセットで勝利しこのまま波に乗り巻き返したい大同特殊鋼レッドスターの対戦。
 第1セットはともに競り合う展開から、岩井のサービスエース、横田のブロックで優位に立った富士通が、田中を中心にアタックを決め、セットを先取する。
 第2セット、大同特殊鋼は山口のブロックとアタックで先行し、苦しい場面で辰巳の好レシーブやアタックで得点を重ねるが、富士通は安定したレシーブから、このセットスタメンの廣本、好調の田中のアタックでリードする。大同特殊鋼はセット中盤で、倉田を投入し立て直しを図るが、勢いは止められず、富士通がこのセットも連取する。
 第3セットは、序盤、大同特殊鋼は山口のアタックとスパイク、倉田のアタックで先行すると、富士通の好調なアタッカー陣をブロックで止め、リードを広げる。しかし、富士通は田中のアタックとサービスエースで逆転すると、途中交替の平澤、新がアタック、サーブで活躍を見せて、ストレートで勝利し、上位争いに弾みをつけた。

◇監督コメント

今日は全般的に集中力が続かない試合となったが、廣本、平澤両選手がチームに勢いを与えてくれた。

来週以降も苦しい戦いが続きますが、一戦一戦大事に戦います。
 応援ありがとうございました。


来週3月2日のつくば戦が大事な闘いとなる。最終22・23日の大分三好と警視庁まで頑張ってほしい。





>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ