メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

大間秀雄のブログ

今週の富士通川崎レッドスピリッツは連敗 

2013年02月11日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


今週の富士通川崎レッドスピリッツは先週の警視庁にフルセットで敗れた影響か、連戦の疲れからか本来のコンビバレーが出来なくなり、ななんと東京ヴェルディ・つくばユナイディトに連敗をしてしまった。


2月9日 対 東京ヴェルディ 
1 : 3
25:20
23:25
22:25
18:25

◇ゲームレポート 

第1セット、序盤はサーブレシーブから互いに譲らない攻防が続いたが、富士通カワサキレッドスピリッツの岩井、中川のスパイク、ブロックも効果的に決まり、このセットを奪った。
 第2セットは、富士通のセッター北沢のトスワークが冴え、2点差をつけて最初のテクニカルタイムアウトを奪取。しかしその後は、東京ヴェルディが高橋(賢)のブロックなどで勢いづき主導権を奪う。もつれ込んだ第2セットは東京ヴェルディが取った。
 第3セット、序盤は両チームともブロックが光った。東京ヴェルディの溝口、高橋(賢)、富士通の岡村が要所でブロックを決めた。その後富士通が一気に差を広げるかに見えたが、東京ヴェルディ途中出場の奥村がチームに勢いを与え、逆転に成功。見事このセットも東京ヴェルディが奪った。
 勝負の第4セット。富士通は序盤、平澤、渡邉のブロックなどでチームをリードするも、東京ヴェルディが第3セット好調だった奥村、根布屋を中心に中盤まで優位に進める。富士通はメンバーチェンジなどで流れを変えようと試みたが、第3セットの勢いをそのまま持ち込んだ東京ヴェルディがそのまま逃げ切り勝利した。



2月10日 対 つくばユナイディト
0 : 3
22:25
12:25
21:25


◇ゲームレポート

前日、ホームでトヨタ自動車サンホークスをストレートで破り勢いに乗ったつくばユナイテッドSunGAIAと、前日の敗戦で8勝3敗とし負けられない富士通カワサキレッドスピリッツとの対戦。
 第1セット序盤は両者譲らないシーソーゲーム。中盤以降、ミスで波に乗れない富士通に対し、つくばは出耒田のスパイク、久原のサービスエースでわずかにリードを奪う。つくばは堅い守りで、田中のサイド攻撃を中心に追いすがる富士通を寄せつけず、このリードを守り切った。
 第2セットは中盤まで一進一退の攻防が続くが、つくばは加藤のサービスエースを皮切りに、椿山、久原のブロック、スパイクで怒涛の12連続ポイント。中盤以降は、つくばが富士通を圧倒しこのセットを連取した。
 第3セットはつくば先行で試合が進むも、つくばのミスに乗じて富士通が徐々に追い上げる。富士通は田中、岩井のスパイクが冴え、肉薄した展開に持ち込むも、ここ一番のサーブ、ブロックでつくばが富士通を突き放し、最後は出耒田の強烈なスパイクで試合を決めた。







>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ