メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

8月15日、 お盆休み&終戦記念日&私の目の手術 

2012年08月16日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



★ 今、眼帯をしていて片目。
瞼の手術をしてきたのである。
片目はパソコンも見難いので、ちょっとさぼって、
昨日アップしたもう一つのブログを読んで頂くことにして、
 
あとは、目の手術の内容をちょっと
 
先日、目の検査をしてもらった。
視力は両目とも1.2 よく見えているのだが、何となくしょぼしょぼして、見難いのである。
先生にそう言ったら、瞼を少し持ち上げて、
『どうですか?』と仰る。 瞼を上げると視界がはっきりするのである。
 
歳をとって、目の瞼の筋肉が弱って、瞼が落ちてきて視界を遮っているのいだという。
『瞼をちょっと切ればいい』
と言うことで、昨日はその左目の瞼の切開手術をしたのである。
 
その内容は以下の通り
10時に行って1時まで掛った。
 
● まず点滴をする。何の薬か解らぬが10時過ぎから、1時まで3時間ずっと・・・
● 手術をする左目を冷やす。冷やしておくと麻酔がよく効き、痛みが少ないという。
● 点滴をしてるので、車椅子に座らされて手術室へ
● 先生1人、看護婦さん3人
● 椅子に寝かされて、左目だけ出して、あとは顔を何かで覆ってしまった。
● 麻酔をするのが、ちょっとチクッとする程度
● 瞼をどのように切ったのかよく解らぬが、手術中は全然痛くもない。
● 8針縫ったらしいが、それもよく解らない。
● 手術時間、20分ほど。
● 手術が終わって眼帯を懸けるまでの一瞬左目が見えたが、よく見えたような気がする。
● 目の手術と言っても、目は何もしていないのである。
● その後、抗生物質の点滴が1時間ちょっと、これが一番時間が掛った。
● 痛み止めの薬と、明日からの抗生物質の飲み薬を貰って、帰宅。
● 今頃になって、縫ったところがチクチクするが、痛み止めを飲むほどでもない。
● 明日朝、眼帯を外して貰うことになっている。
● そして、来週は右目である。
● 保険は効いたが、6400円ほどだった。
 
眼帯を明日外したら、新たな世界が広がるのだろうか?
 
 
★NPO The Good Times のホ―ムページです。
★会員さんのブログを集めた Tumblr です。
★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。
★FBの『二輪文化を語る会』です。
 
 
 
 

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ