メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

小春日和♪ときどき信州

本・荻原浩 「あの日にドライブ」 

2012年07月22日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



                      読書備忘録 

           

 内容(「BOOK」データベースより)
牧村伸郎、43歳。元銀行員にして現在、タクシー運転手。あるきっかけで銀行を辞めてしまった伸郎は、仕方なくタクシー運転手になるが、営業成績は上がらず、希望する転職もままならない。そんな折り、偶然、青春を過ごした街を通りかかる。もう一度、人生をやり直すことができたら。伸郎は自分が送るはずだった、もう一つの人生に思いを巡らせ始めるのだが…。

 エリートだったのよね。最後になってわかる 「あのひとこと」 え?それ?それで? タクシーに乗せてわかったことか〜。
でもまあ、やめるきっかけになった方からの結婚披露宴の案内状。よかったと思えてよかった。

そのときの上司を海まで連れて行っちゃって。い・じ・わ・る・・・

学生時代の彼女が甥っ子のぶかぶかサンダルの踵を踏みつけて・・・あー泣いちゃったぁ。

「銀行員時代は、少々高い給料を貰い、他人より少しいいスーツを着て、高級車と呼べるたぐいのクルマに乗っていたが、そのかわりに値段がついていない大切なものをたくさん職場に搾取されていた。」

お年のせいか、すごく共感できるお話でした。
たら、れば で でも、しか タクシー・・・よくある選択。研究すると釣れるのね・・・なにごとも学習。

夢想ね〜・・・妄想魔だからわかる気がする。この年になると、もしかしてあの時違う選択をしたらって事ありますもの。

ずっと上にいたみたいで見下ろされていたけれど、ある瞬間に目線が同じに お! しばらくして逆転したら・・・なんだおー! になっちゃって。そういう人だったのね ・・・




>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ