シニア・ナビのメンバーズプロフィール

COSMOS さんのプロフィール

2017/03/25 山すみれ
「垣通し」 間違って居りました。改めまして「オドリコ草」に拍手を頂き 有難うございました^^♪

2017/03/25 ミルフィーユ
ピッタンコカンカンに拍手を有難うございます(^-^)房総編の放送は来週辺りでしょう♪

2017/03/25 みのり
ランに拍手ありがとうございます。天使のごとく咲いた小さな花”シュンラン”です。

2017/03/25 陽だまりさん
COSMOSさん、心温まる誕生日のメッセージを有難うございます。今後もギャラリーで学ばせて下さい。

ギャラリー作品一覧

1件〜10件を表示 (1983件)

    No 1
    作品名 釜寺
    説明 杉並区方南にある東運寺(とううんじ)は通称釜寺と呼ばれています。
    寺の前には身代わり地蔵尊がありますが、この身代わり地蔵尊は、山椒太夫に釜ゆでにされそうになった厨子王を、お坊さんの姿になって助けたという言い伝えがあり、それにちなんで当寺本堂の屋根に釜を置いたといわれます。
    遠くからも釜が目に入りバス停も「釜寺」になっています。
    釜寺
    作品の詳細はこちら

    No 2
    作品名 井の頭通り
    説明 井の頭通りは渋谷駅前付近と武蔵野市関前にある境浄水場付近を結ぶ道路の通称です。
    境浄水場から和田堀給水所までの間に水道管を敷設するための施設用地を道路に転用したために、以前は水道道路と呼ばれていました。
    ここには東京都水道局和泉水圧調整所があり災害時給水ステーションになっています。
    また井の頭街道碑もあり命名者である近衛文麿元首相の落款「井の頭街道」があります。
    井の頭通り
    作品の詳細はこちら

    No 3
    作品名 第二山手線遺構
    説明 昔、山手線の外側にもう1つ環状路線をつくろうという計画が生まれましたが、資金のめどがつかず計画は立ち消えとなったとか。
    京王電鉄井の頭線の電車に乗ると明大前駅の手前で橋を潜ります。
    複線区間の橋にもかかわらず、線路が4本並ぶようになっています。
    これは井の頭線の複々線化工事用ではなく、立ち消えとなった第二山手線の遺構だそうです。
    橋の上には玉川上水の導水路がありました。
    第二山手線遺構
    作品の詳細はこちら

    No 4
    作品名 塩硝蔵跡
    説明 杉並区永福にある塩硝蔵跡です。
    木々の間から明治大学和泉キャンパスが見えるこの辺りは江戸幕府の塩硝蔵(弾薬等の貯蔵庫)があったところです。
    敷地はおよそ18,896坪あったそうです。
    明治維新の際、塩硝蔵は官軍に接収され、その弾薬は上野彰義隊や奥州諸藩の平定に使用され、その威力を発揮したといわれます。
    この辺りは雑木林で、鬱蒼とした森となっていて、多くの狐や狸が棲息していたそうです。
    塩硝蔵跡
    作品の詳細はこちら

    No 5
    作品名 明治大学和泉キャンパス
    説明 杉並区永福にある明治大学和泉キャンパスです。
    千代田区神田駿河台に本部を置く明治大学ですが、ここ永福にある和泉キャンパスは京王井の頭線の「明大前駅」からすぐのところにあり人文・社会科学系学部の1・2年生が学んでいます。
    近くの「明大前駅」の駅名は昔「火薬庫前駅」と言われていたそうです。
    詳細は次回に…
    明治大学和泉キャンパス
    作品の詳細はこちら

    No 6
    作品名 竹清堂
    説明 杉並区下高井戸にある竹清堂(ちくせいどう)です。
    昔、杉並には田畑が広がり、野菜類を運ぶため竹籠類を使っていたことから、竹籠や竹ざるを作る職人が多く暮らしていたそうです。
    その名残の店が明治40年創業の老舗竹清堂です。
    屋根の上に竹で編まれたゾウのオブジェが飾られ、箸やスプーン、そばざるなどの日用品から、花籠や照明器具、茶道具など、さまざまな竹製品が販売されています。
    竹清堂
    作品の詳細はこちら

    No 7
    作品名 築地本願寺和田堀廟所
    説明 杉並区永福にある築地本願寺和田堀廟所です。
    大正12年の関東大震災によって、築地本願寺は焼失し境内にあった多数の墓地を移転する必要にせまられ、当時の大蔵省所管だった陸軍省火薬庫跡地約一万一千坪の払い下げをうけ、築地から仮本堂として使用されていた建物などを移築して和田堀廟所が設立されたそうです。
    戦後インド仏教様式の新本堂が再建され、富士が望める閑静な近代的公園墓地となっています。
    築地本願寺和田堀廟所
    作品の詳細はこちら

    No 8
    作品名 玉川上水公園
    説明 杉並区にある玉川上水公園です。
    玉川上水は、江戸時代に江戸の町に飲料水を供給するための上水路で、現在は一部が暗渠となっています。
    その暗渠の上に3つの公園と1つの緑地があります。
    下流から玉川上水公園、玉川上水永泉寺緑地、玉川上水第三公園、玉川上水第二公園の順に並んでおり、その全長は約2,000メートルにもおよびます。
    樹木の濃い敷地は起伏に富んでいました。
    玉川上水公園
    作品の詳細はこちら

    No 9
    作品名 柏の宮公園
    説明 杉並区浜田山にある柏の宮公園(かしのみやこうえん)です。
    元々は日本興業銀行所有のグラウンドを公園として整備したものです。
    草地広場や池にテニスコート、日本庭園と茶室といった公園としての設備に加え、区の防災施設として、災害備蓄倉庫や防災井戸も設けられています。
    水田があるのも防災なのでしょうか。
    柏の宮公園
    作品の詳細はこちら

    No 10
    作品名 塚山遺跡
    説明 杉並区下高井戸の塚山公園にある塚山遺跡です。
    この遺跡は縄文時代中期の集落跡で20軒の環状集落だったそうです。
    建物の様式は、武蔵野台地におけるこの時期の典型的なもので、住居床上の中央部やや奥に「石囲い」の炉を掘り込み、住居の四隅がやや丸いことから「隅丸方形」型と呼ばれているとか。
    園内の敷石は地下の古代住居跡が表示され立体的な住居跡も作られ詳細な説明がなされていました。
    塚山遺跡
    作品の詳細はこちら

1件〜10件を表示 (1983件)

 

脳レク


となりのシニア

Q. 健康の為にウォーキングをしていますか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2017年3月29日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

アンケートサービス「シニア・ナビリサーチ」はこちら

 

ブログランキング

上部へ