シニア・ナビのメンバーズ相談室

この質問への回答を入力します

質問ナンバー:00001237

質問者 匿名希望 投稿日:2017/03/20
タイトル この先
60代半ばの男性 独身身寄りもなく、今は身体の続く限り働こうと思っています(貯えも資産も無し)がもし
健康を損なう事が起こった時、非常に不安です。今の
賃貸住宅には住むことは難しく、どこに相談に行ったら
と言う事も分かりません 近い将来必ず起こる事
何処に相談に行けばいいのでしょうか 教えてください

>>この質問を通報する

回答する

回答

回答ナンバー:00001800

回答者 甲斐(カイ) 投稿日時:2017/05/18
内容 先程回答させて頂いた者ですが書き忘れがありそれを補足します。
私は貴方とほぼ同じ年齢で
あり今現在生活保護を受けている者
です。状況も貴方と殆ど変わりません。いやむしろ私の方がもっともっとひどい状況だと思います。それでも私は今も保護から抜け出たいと思って居ます。或面で生活保護は良い制度ですが、これを使うのは最後の最後の時にして欲しいと思いますが。

>>この回答を通報する

回答ナンバー:00001799

回答者 甲斐(カイ) 投稿日時:2017/05/18
内容 先程回答させて頂いた者ですが書き忘れがありそれを補足します。
私は貴方とほぼ同じ年齢で
あり今現在生活保護を受けている者
です。状況も貴方と殆ど変わりません。いやむしろ私の方がもっともっとひどい状況だと思います。それでも私は今も保護から抜け出たいと思って居ます。或面で生活保護は良い制度ですが、これを使うのは最後の最後の時にして欲しいと思いますが。

>>この回答を通報する

回答ナンバー:00001798

回答者 甲斐(カイ) 投稿日時:2017/05/18
内容 先程回答させて頂いた者ですが書き忘れがありそれを補足します。
私は貴方とほぼ同じ年齢で
あり今現在生活保護を受けている者
です。状況も貴方と殆ど変わりません。いやむしろ私の方がもっともっとひどい状況だと思います。それでも私は今も保護から抜け出たいと思って居ます。或面で生活保護は良い制度ですが、これを使うのは最後の最後の時にして欲しいと思いますが。

>>この回答を通報する

回答ナンバー:00001797

回答者 甲斐(カイ) 投稿日時:2017/05/18
内容 生活保護には一長一短があります。確かに生活出来るだろう最低額のお金が支給され療費.税金等の免除があり又それなりの住居も提供され多分亡くなった時の或程度の後始末もしてくれるでしょうが・・それでも私は安易に生活保護はお勧め致しません。
只し貴方がもう自分の人生で生きるて上での希望も夢も欲望(例えばアレを食べて見たい旅行したい買いたいなどなど切りがありませんが)何も無いのであればそれでも構いませんが・・。

>>この回答を通報する

回答ナンバー:00001792

回答者 匿名希望 投稿日時:2017/03/23
内容 生活保護の申請をするしかないと思います。その際は、多分病院にいると思いますので、病院のソーシャルワーカーさんに相談することになると思います。貯金があると保護は受けられないので、残高0になって申請になると思います。
お礼 ありがとうございます
参考にします

>>この回答を通報する

 

となりのシニア

Q. 日頃の生活で「節約」を意識していますか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2017年5月31日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

アンケートサービス「シニア・ナビリサーチ」はこちら

 
上部へ