メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

夢想花

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げられます。2022年4月1日改正民法施行。問題点お勉強する次第です。 

2018年06月14日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

      夕方、小学生数人が、公園でサッカーしてました。       ボールを公園外の道路に出して          遊んでいるので、       危ないやんか! と大声で注意しました。       このおっちゃん恐いで、とやや有名な私、        注意しながら、               夕方、小学生数人が、公園でサッカーしてました。       ボールを公園外の道路に出して          遊んでいるので、       危ないやんか! と大声で注意しました。       このおっちゃん恐いで、とやや有名な私、        注意しながら、この子たちは、         成人年齢18歳に直面するのやな、                 と、思いました。        そこで、私の勉強不足を補うため       民法改正18歳成人年齢について            勉強しました。 国会で、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正法案が審議されていて、13日、参院本会議で自民、公明、維新などの賛成多数により可決、成立した。          ということです。施行は2022年4月1日。成人年齢の見直しは、1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされて以来、      約140年ぶりとなります。    今まで、20歳成人が当然みたいに思っていたので、       やや吃驚して、にわか勉強をしています。世界の各国の成人年齢は、https://allabout.co.jp/gm/gc/293201/        まちまちで、米国は、州によっても違うそうです。     長く、20歳が成人年齢と思い込んで来たので、18歳に下げられれば、どういう問題が生じるのか?★ 女性が結婚できる年齢を16歳以上から      男性と同じ18歳以上にする。★ 10年間有効のパスポートを18歳から取得できるようにする旅券法改正や、★ 性同一性障害の人が家庭裁判所に性別変更を申し立てられる年齢を    18歳以上とする性同一性障害特例法改正などが含まれている。★ 飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては健康被害やギャンブル依存症への懸念から「20歳以上」を維持するため、法律の名前や規定にある   「未成年者」を「20歳未満の者」と改める。 ★ 18歳から親の同意なくローン契約を結んだり、クレジットカードを作ったりできるようになる一方、親の同意のない法律行為を取り消せる「未成年者取消権」は18歳から行使できなくなる。※ 若年層の消費者被害拡大が懸念されるため、今国会では改正消費者契約法も成立を図る。来年6月に施行され、不安をあおって商品を売りつける「不安商法」や、恋愛感情につけ込む「デート商法」による不当な契約は取り消せるようになります。また、離婚した元夫婦が、養育費として、成人まで援助する、取り決める場合が多く、その場合、肝心の進学の際に、経済的に困窮する例も出てくる、     とのことです。選挙権や成人祝賀会への影響は・・・?     良しにつけ、問題点につけ、      施行の2022年4月1日まで、決めの細かい       施策がきめ細かく、策定されねば、          心配する、成人年齢引き下げに            自分の勉強不足を補うために記しました。          長年の慣行が、変化することに、             ドギマギして居ます。( ^)o(^ )1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされて以来、      約140年ぶりとなります。
    今まで、20歳成人が当然みたいに思っていたので、       やや吃驚して、にわか勉強をしています。世界の各国の成人年齢は、https://allabout.co.jp/gm/gc/293201/      まちまちで、米国は、州によっても違うというこです。
     長く、20歳が成人年齢と思い込んで来たので、    18歳に下げられれば、どういう問題が生じるのか?
★ 女性が結婚できる年齢を16歳以上から      男性と同じ18歳以上にする。★ 10年間有効のパスポートを18歳から取得できるようにする旅券法改正や、★ 性同一性障害の人が家庭裁判所に性別変更を申し立てられる年齢を    18歳以上とする性同一性障害特例法改正などが含まれている。
★ 飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては健康被害やギャンブル依存症への懸念から「20歳以上」を維持するため、法律の名前や規定にある   「未成年者」を「20歳未満の者」と改める。
★ 18歳から親の同意なくローン契約を結んだり、クレジットカードを作ったりできるようになる一方、親の同意のない法律行為を取り消せる「未成年者取消権」は18歳から行使できなくなる。
※ 若年層の消費者被害拡大が懸念されるため、今国会では改正消費者契約法も成立を図る。来年6月に施行され、不安をあおって商品を売りつける「不安商法」や、恋愛感情につけ込む「デート商法」による不当な契約は取り消せるようになります。
また、離婚した元夫婦が、養育費として、成人まで援助する、取り決める場合が多く、その場合、肝心の進学の際に、経済的に困窮する例も出てくる、     とのことです。
選挙権や成人祝賀会にも影響が出る。
      施行の2022年4月1日まで、決めの細かい       施策がきめ細かく、策定されねば、          成人年齢と言う、          長年の慣行が、変化することに、             ドギマギして居る私です。( ^)o(^ )


>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ