such is life

闘魚3 

2018年06月02日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:ある日のこと

柿田と闘魚へ(その3)

闘魚は、アユタヤ市街から車で一時間ほどの小さな村の一軒家で行われた。

部屋の真ん中に30センチ四方ほどの水槽が置かれ、周りを血走った目の農民と思われる男たちや、首が曲がるほどの太い金のネックレスをした町の女、華僑系のでっぷりとした男たちが囲む。

ルールはいたってかんたんである。

ベタ同士が闘い、鰭をボロボロにされるなどして、戦意をなくしたベタが負けである。

勝負がつくと、胴元がが賭け金を分配する。

勝ったベタの主人には、賭け金のなかから大金が支払われる。

柿田は、少女の父親からもらったベタに、父親から言われた「ノック」と名付けた。ノックとは「鳥」の意である。

いよいよノックの出番である。

ノックの相手は、華麗なドレスのような尾鰭を、濃い紅赤色である。

頭部が大きく、鼻孔がやや盛り上がる。どう猛な牡牛「オックス」のような形相である。

ノックは紅赤のオックスに劣らぬ尾鰭をもつが、比して、体はふたまわりほど小さいが、強い意思を秘めた濁りのない目は鋭く、小瓶のなかで満を持す。

水槽に、小瓶のノックとオックスが同時に放たれた。

オックスはノックを威嚇しつつ、水槽のなかをゆっくりとまわる。勝利を確信し、リングで軽やかなステップを楽しむ、余裕のファイターのようである。

ノックは、オックスの目を見据えたまま、水槽の中央でゆっくりと瑠璃色の体を回転させる。

柿田が連絡したのだろう、バンコク・カフェのホンも来ていた。
ホンがノックを囃し立てると、柿田は「黙って見てろ!」と、高まる自分を抑えるように一喝した。

この一喝をゴングにしたのか、オックスがノックの尾鰭をめがけて矢のように走った。

ノックの尾鰭のつけ根あたりは破け、破片が瑠璃色を振りまいたように水に散った。

ノックは動じなかった。オックスの目を射るように、睨み付けたままである。

転じたオックスは、こんどはボクシングのジャブのように、ノックの華麗に舞う背鰭、傷ついた尻鰭、絹のように美しい尾鰭を食いちぎる。

ノックの鰭という鰭は、裂かれたカーテンのように水の中でゆらぐ。

それでもノックは、オックスを見据えたまま、口先を牡牛に照準したまま動かない。

オックスの第三弾、四弾、五弾と執拗な攻撃が続くが、ノックは何を考えているのだろう、ベビー級を相手にしたフライ級のボクサーのように、かろうじて攻撃をかわしているだけである。

「臆病者!」
ノックに賭けた男たちだろうか、ノックを罵りはじめた。

聞こえたのだろうか、ノックの瑠璃色の体がやや浮いたとたん、鋭い口先が矢尻となって、オックスの背鰭に飛んだ。

瞬間、オックスの背鰭は腕をもがれたように、ちぎれてしまった。

なんと鋭利で豪胆な攻撃であろう。

一瞬の無音のあと、うなり声のような歓声が上がった。

小さいノック「鳥」が紅赤のオックスを倒した。

柿田は小躍りして歓声をあげた。

「よくやった!ノック、ノック!」

ホンが柿田のところにやってた。

「柿田さん、この瑠璃色のベタは『ノック』っていうの?」

「そうだよ、ノックだよ」
「柿田さんが名付けたの?」

「ちがうよ」
柿田によると、少女の父親が、このベタを闘魚で闘わさせるときは「ノック」と名付けてほしいと言ったそうである。

「柿田さん!ノックって、わたしの名前よ!」
「ホンではないの?」
「ホンはバンコク・カフェで使っている名で、本名はノックよ」

「するとナマズ養殖場で事故死した少女は……」

「わたしの妹だわ。父は病で亡くなったけど、ベタのことは知らなかったわ」

「ぼくのところに、こっそり訪ねてきたからね」

「柿田さんがナマズを食べないのは、そのためだったのね。妹も喜んでいると思うわ」

「うれしいよ、ホン」

「バンコク・カフェのヤム・プラードック・フーを食べましょう」

「ありがとう、ホン、大好物なんだ」

(おわり)


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ