メニュー

「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

江東区大島、宝塔寺の塩地蔵 

2018年03月11日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

義母の祥月命日に近い今日、妻の兄弟夫婦と共に墓参。 都営新宿線の東大島駅に程近い宝塔寺が菩提寺です。同寺は、真言宗智山派に属し、慶長年間の創建とされています。 この地域は戦災にあっており、古くからの墓石は、黒く焼け焦げた痛々しい姿となっています。 境内に塩舐め地蔵が安置されているのですが、このお地蔵さまも黒こげのお姿で、戦争の悲惨さを今に伝えています。 昭和初期までは、お寺の境内ではなく、小名木川沿いにあったとのことです。路傍にあったというのですから、このお地蔵さまは、江戸時代、物流の大動脈であった水運に関わった庶民たち、そして、明治、大正の住民たちによって大切に守られ続けたということなのでし…

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

上部へ