メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

人斬り彦斉(佐久間象山の暗殺者) 

2018年02月15日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



「人斬り彦斎」と呼ばれた河上彦斎(げんざい)

河上彦斎暗殺者へ
 ☆彦斎が、攘夷論に目覚めたのは地元・肥後藩の林桜園で国学を学んでからです
 ☆彦斎は道場に通わず、独自に剣術を極めた(独自の方法で殺人刀を学ぶ)
 ☆同士宮部が池田屋事件で討たれた後に再び上洛し、暗殺者へと豹変する
 ☆殺人刀により、幕末の尊王攘夷の思想にこだわり、反対勢力を暗殺していった
 ☆物静かな風貌とは異なり「斬る」といえば必ず斬った
河上彦斎、佐久間象山を暗殺
 ☆象山は、合体論・開国論者として有名でした
 ☆彦斎の勤王派では、彼を敵対視し暗殺計画が持ち上がる
 ☆彦斎は、象山の帰宅途中を通行人にまぎれて襲撃し暗殺
 ☆捕らえられた後、放免され、その後殺人鬼のような刀はなりを潜めた
河上彦斎の放免後
 ☆地元で警備兵隊長となり、又儒教の子弟の教育にあたる
 ☆彦斎、反政府勢力だとみなされ逮捕された
 ☆最後は小伝馬町の獄で斬首された
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『日本史”悪役”100人(世界文化社)』




人斬り彦斉(佐久間象山の暗殺者)(『日本史”悪役”100人』記事より画像引用)


>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ