メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

水彩画・ベネチュアを描く  38 溜息橋  230×310 

2018年01月17日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



その昔、この橋は留置場と刑場を結ぶ橋でした。
受刑者はこの橋を渡ると言うことは刑場へ向かう、つまり処刑されると言うことでしたから
だれ言うことなく溜息橋と名付けられたのです。
首を刎ねられるのですから溜息どころではなく、悲鳴か失神の方が当たっていると思うのですが、
原語でなんというのかは知りませんので、案内書に出ている名称を採用しました。

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ