人間観察そして恋そして小説も

超高齢独身時代 うわー どんな日本になるんだろう 

2018年01月14日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


2040年に単身世帯が1994万人に上り、一般世帯全体の4割近くを占める見通しであることが12日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所がまとめた世帯数の全国推計で分かった。 一度も結婚したことのない65歳以上が男女ともに急増し、単身世帯に占める65歳以上は896万人で45%に達する見込み。 同研究所の担当者は「少子化で2世代同居や3世代同居の家族形態が減る中、1980年代以降に未婚が珍しくなくなった世代が高齢期に入るため、高齢者の独居率が高まる」とみている。 半分近い人が独身のまま65歳以上になる・・・見込みへーすごいですよね しかしそうなったら社会環境も変わってくるだろうし戸籍法もかわるんじゃないかな見込んでも事実婚であれば法的に何ら変わらない権利が保有できるとか・・・ どちらにしても老後の一人は寂しいですから皆、仲間を集うようになりますから案外今よりペア率が高まるんじゃないかと 私は楽観してるんですがね それにしても超高齢化に付帯して超独身化までおまけがついてくるとは 人類の未来はどうなるんでしょうかね やはり人口知能(ロボット)の世界になるんでしょうかね・・・(ノ_-。)   にほんブログ村



>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ