メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

葛飾北斎の娘(応為) 

2017年09月24日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



おんなは赤で輝く 北斎の娘・お栄と名画のミステリー

葛飾 応為のプロフィール
 ☆江戸時代後期の浮世絵師(葛飾北斎の三女)応為は号、名は栄
 ☆父譲りの画才と性格から夫の描いた絵の拙い所を指摘し離縁された
 ☆応為は、晩年の北斎と起居を共にし、作画を続け、北斎の制作助手も務めた
 ☆応為にも弟子がおり、商家や武家の家庭教師として訪問して絵を教えていた
 ☆晩年は仏門に帰依し加賀前田家に扶持されて金沢にて没した?
葛飾 応為の作品と才能
 ☆美人画に優れ、北斎の肉筆美人画の代作をした
 ☆春画・枕絵の作者として活動し、葛飾北斎作の春画では彩色を担当
 ☆現存する作品は10点前後と非常に少ないが、北斎との共作が相当数ある
 ☆西洋画法への関心が強く、誇張した明暗法と細密描写に優れた肉筆画も残る
 ☆美人画では、印象的な「赤」色を使い北斎とは別の境地を開く
お栄の「赤」や「光」や「線」が北斎の浮世にもひそんでいる
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、「NHK番組(歴史秘話ヒストリア)」、WIKIPEDIA












葛飾北斎の娘(応為)(「NHK番組(歴史秘話ヒストリア)」画面より引用)

葛飾応為の性格
応為の性格は、父の北斎に似る面が多く、やや慎みに欠いたという
男のような気質で任侠風を好み、衣食の貧しさを苦にすることはなかった
絵の他にも、占いに凝ってみたり、茯苓を飲んで女仙人になることに憧れていた




>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ