メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

「書けば書くほど、読めば読むほど」恐ろしくなる日本の現状 

2017年03月21日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



マスメディア&野党国会議員の仕事は反日活動なの?

総理、夫人が寄付して、寄付した団体・個人が悪いことをした?何か総理・夫人に非はあるのか?
 ☆国会審議、マスコミは総理へのレッテル貼一辺倒の姿勢
 ☆国内外に重要な課題が山済みしているのに、野党・マスコミはプライオリティーを間違っているのでは?
防衛大臣の、「防衛庁日報」提出で「破棄した、してない」の混迷した答弁
 ☆大臣の資質にも問題あるが、自衛隊の日報提示する必要があるのか?防衛秘密が全て漏れてしまう危険性?
野党、マスコミの『白日夢』(野党・マスコミの反日活動)
 ☆白日夢とは、夢に似た意識状態が覚醒時に現れるもので、内容は願望充足的です
 ☆白日夢とは、単なる空想より現実性を帯びている?
北朝鮮は、日本を攻撃すると宣言している、国家議員、マスコミは余り取り上げない
 ☆伝えない事、検討しない事、対策しない事は、反日活動と同じではないか?
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『産経新聞』、虎ノ門ニュース








北朝鮮ミサイル攻撃(ネットより画像引用)

北朝鮮に対する20年間の米国の政策
失敗で、北朝鮮に、核・ミサイルの開発を許した
「あらゆる選択肢」「異なるアプローチ」の一つが、先制攻撃という形で現実となった
野党の議員方にはぜひ、定番の「憲法9条と専守防衛を守れっ!」をご唱和願いたい
200基以上のノドン襲来阻止に際し、野党の議員には、その程度の“政治活動”しか期待できまい

民進党など野党4党の政治家とマスコミ
「日本国憲法第9条がある限り、日本は平和であり続けられる」と堅く堅く信じている?
日米外相会談で、北朝鮮による核・ミサイル脅威への対抗策を協議していた
 ☆民進党など野党4党の国会議員は、森友学園の理事長宅を訪ね、理事長に話を聴いていたのだ?
 ☆テレビのワイドショーの時間帯、社民党の福島氏は記念写真よろしく籠池氏と並んでカメラに目を合わせていた
同じ時間帯に行われた東西の出来事
 ☆東京で行われたのは「国民の生命と財産が失われる」事態を食い止めるための協議
 ☆大阪で行われたのは「国有財産や税金が不正に使われた可能性」の事態の調査?
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)での日報問題
 ☆国会では、派遣部隊の日報が陸上自衛隊で発見された問題に、論議が集中
米国が、北朝鮮の核・ミサイル基地への攻撃や朝鮮労働党委員長の除去を検討している最中
 ☆野党とマスコミは、緊張感を著しく欠いた政治姿勢ではないか?

『日本の国防をおろそかにしている』国会議員・マスコミ
朝鮮半島有事に備えた国会論議を怠り、森友学園問題と自衛隊の日報問題にほぼ特化して時間を割く
首相のイメージをおとしめる「レッテル貼り作戦」
わが国の無辜の国民を拉致した北朝鮮への利敵行為である
朝鮮半島有事が回避されても、反日・親中の統一核武装独裁国家が樹立される恐れがある
国家の危機がヒタヒタと迫る中、国会論議の主軸がズレている
米軍が北朝鮮に先制攻撃を実施し、自衛隊が米軍を支援すれば?
 ☆野党議員は非難材料として跳び付き、国会の各種委員会で「戦争反対」のプラカード持つ
 ☆オーバーアクション、カメラ目線で、委員長席に詰め寄るシーンが目に浮かぶ
左旋回を続ける「憲法9条を掲げれば、平和が保たれる」などの「誤憲解釈」野党国会議員
一触即発の今次国難で試されてはたまらない
国会議員も、悲しくも非情な国際の現実を学んでほしいと思う

先制攻撃と予防攻撃を混同する政治家が多い
現在の憲法では、先制攻撃の合法性と、先制攻撃がいかに困難か
先制攻撃は、国際法上も主権国家の権利である《自衛権(先制的自衛権)》と認められている
敵がミサイル発射に着手するといった、差し迫った攻撃の証拠が明白であれば攻撃できる
日本では、先制攻撃と予防攻撃を混同する政治家が多い
日本の、大都市や自衛隊施設に核ミサイルが撃ち込まれる
 ☆反撃する能力が残存しているかは疑問だ 
策源地攻撃は、合法ではあるものの、イザ実施となると、極めて高いハードルがたちはだかる

中朝国境に連なる山岳地帯の洞窟内ミサイル基地
北朝鮮は「在日米軍基地を攻撃する」「ソウルを火の海にする」と宣言してきた
攻撃する場合は、脅し文句はなく、ミサイルも地上に立てず、奇襲攻撃をしてくる
日本を狙う弾道ミサイル・ノドンは200〜300基弱も実戦配備されている
移動可能な車載型で、山岳地帯の中国側斜面に掘った洞窟内などを移動している?
据え付け〜発射まで数分間が、破壊に与えられた時間です

日本は、自国防衛に不可欠な策源地攻撃に必要な兵器の導入を怠ってきた
「報復能力の検討は周辺国との緊張は高める」と議論も及び腰だった
報復能力の放棄は抑止力の放棄に等しく、周辺諸国の増長を高めた
現在の朝鮮半島有事には、兵器導入に必要な経費も時間も訓練も間に合わない
現時点では、米軍に位置情報やピンポイント爆撃の支援を要請するしか、国家生存の選択肢はない
 ☆同盟国の米国でさえ荷が重い(最低200基のノドン)
半島有事の足音が聞こえぬ「森友学園追及専従議員」には理解不能なのか?
地下要塞化されている北朝鮮は、特殊作戦部隊+準特殊作戦部隊を合計20万人も抱える

ノドンは韓国を飛び越え、米国には届かない
ノドンは日本が主体的に取り組む脅威なのだ
宣言をハッタリとみる安全保障関係者は、徐々に少なくなっている
米国はノドンの対日発射も含め看過できない
 ☆北朝鮮は、弾道ミサイルを日本のEEZに、ほぼ同時に3発撃ち込んだ
暴挙を遂行した部隊を《在日米軍基地を攻撃する戦略砲兵》と形容した。
 ☆ミサイルは米軍の岩国基地や佐世保基地など、複数の在日米軍拠点を射程に収める
日本の命運は、米国の安全保障=経済に超弩級の影響をもたらす



>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

特集記事


掲載されている画像

    もっと見る

上部へ