メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

一とくの女将さん 

2017年03月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



★昨年の7月に『高橋さんを偲ぶ会』ということでこんなメンバーが灘の酒心館に集まった。
   
   http://blog.goo.ne.jp/rfuruya1/e/c67c41b1762e6fc0d6d6d121d7153321
というブログをアップしたのだが、年が明けて今年の2月に『一とく女将です』とこんなコメントを頂いていた。
それを、実は昨日まで見逃していて、ご返事をさせていいただいたところなのだが、
誠に懐かしいし、想い出いっぱいの『一とくの女将さん』なので、その思い出を書き残しておきたいと思って、このブログを書いている。
?
    
?
????? ?Unknown?(一とく女将です)2017-02-17 20:44:41
?????? 鐡朗さんが、お亡くなりになり淋しいかぎりです。?????? 以前、飛燕の復元機について、手紙をお出ししたところ、御返事がなかったのでもしやと思っておりました。?????? 謹んでお悔やみ申し上げます。
??
★『一とくの女将さん』間違いなく私よりはお年寄りである。
?お幾つにおなりなのか? ブログを見て頂けるほどご健在なのにはびっくりである。
?
私は、明石の上ノ丸で生まれ、今も本籍はそこである。
小学校の頃は朝鮮にいたのだが、その当時から夏・冬の休みには明石に遊びに戻っていたので、戦前の明石もよく知っていて、当時子供の居なかった伯父に可愛がってもらって、いろんなところに連れていかれたので、小学生の頃から、いろんなところを知っている。
当時の花隈も有馬温泉も明石の飲み屋さんなど所謂宴席にも連れていかれたので、当時の芸者さんなどにも可愛がってもらって、就職してから明石の飲み屋に行くと私は覚えていないのに「大きくなったね」などと言われたりしたのだが、『一とくの女将』さんもそんな中のお一人なのである。
私自身はそんなに酒飲みでもないし、独りで出かけることなどはないのだが、何故か「一とく」はカワサキの二輪事業の人たちがよく行ってたので私も一番数多く行った飲み屋さんは「一とく」なのである。女将さんのお嬢さんが確か私の妹と同級生であったりした。
お客の中でも、明石の戦前のことが話し合える数少ない客の一人だったのである。
?
『一とく』に私とよく行ったカワサキの方と言えば、小野助治さん、苧野豊秋さん、田中誠さん、坂口守次さん、小野田滋郎さん、大庭浩さん、それに?橋鐵郎さんなど私よりみんな上の方ばかりなのだが、もうみんな逝ってしまわれたのである。
?
   
?
明石の銀座通りからちょっと中に入ったこんな場所に『一とく』はあったのだが、今はどうなっているのだろうか?
それはよく解らない。
いま、戦前のことを言ってもどなたもお解りにはならないのだが、この辺り一帯は戦後の明石の大火で焼けてしまって、今の銀座大通りができたのだが、それまでは城下町特有の細い通りの町だったのである。
私の小学生の頃は、今の魚ん棚のある細工町に伯父に家があったりしたので、この辺りのことはな何となく覚えている。
その頃から今もあるのは『先春園』というお茶屋さんぐらいであとはみんな様変わりしているのである。
そんな中で『一とく』があったあたりは、?
?
????
?
? 昔の曲がりくねった『山陽道』の今では細い道筋あたりだったと思う。
昔のメイン通り『山陽道』に比べて、今の道がどれくらい広いのかは興味のあるところなのである。
?
????
?
若し私の記憶が正しければ、『一とく』はこの山陽道に面してあったのではなかろうか?
 あれだけ何回も行ったお店の場所でも、今思い出そうとするとなかなか大変なのである。
?
『一とく』によく行ってた頃は、板前さんとも懇意にしていて、当時はまだ中崎の海岸に砂浜があって投げ釣りでカレイなど何匹でも釣れたのだが、それを帰りに『一とく』に寄って板前さんに捌いて貰って持って帰るほど懇意にお付き合いして頂いたお店なのである。
あのフィリッピンの小野田寛郎さんの弟さん小野田滋郎さんが特に『一とく』はお気に入りで、小野田さんの送別会を苧野さんと坂口さん私の4人でやったのだが、そのときに小野田さんが私にくれた言葉が『雑音に耳を貸すな』なのである。
これは今でもちゃんと守れて、信念をもって自らが思うように生きれていると思っている。
?
こんな昔ばなしみたいなこと書いているが、果たして『一とくの女将さん』の目に留まるだろうか?
2月には折角のコメントを頂いたのに、うっかり見落として1ヶ月も放置してしまって失礼をしたので、今回もしコメント頂いたら、確りと対応しようと思って書いている。
いずれにしても『一とくの女将さん』お元気で過ごされること祈ってます。
?
★NPO? The Good Times のホ―ムページです
★三木 緑が丘 サンロードを愛する人のカイ!のホームページです
★燦々Sun Sun です。
★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。
★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。
★58万人フォロワーのいる公式ツイッターです。
?★雑感日記のEnglish Version です。
?
?

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

特集記事


掲載されている画像

    もっと見る

上部へ