メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

映画が一番!

フォレスト・ガンプ/一期一会 

2017年03月18日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:ドラマ

映画ファンの皆さん、おはようございます!

今日は快晴!
何はなくとも、晴れていれば幸せと感じる私です。
♪梅は咲いたか 桜はまだかいな…♪と、
桜が気になる今日この頃ですね。

今日の映画紹介は
「フォレスト・ガンプ/一期一会/Forrest Gump」。
BS日テレで2017年3月18日(日)14:00〜放送。

何度、観ても感動しますね。
タイトル通り、ガンプが人生は一度きりと、
知能指数は人より劣るが、足の速さと誠実さで、
出会う人々を幸せにしていく映画。

原作はウィンストン・グルーム の『Forrest Gump』。

キャッチコピーは、
”人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない。
/Life was like a box of chocolates.
You never know what you're gonna get.”。

ガンプがベンチに座りながら、
隣に座った看護師に話しかけて、
今までの人生を回想しながら語っていく
シーンから始まります。

”Hello.My name’s Foreest Gunp.
Do you want a chocolate?
I could eat about a million and half of these.

My mama always said
life was a like a box of chocolates.
You never know what you're going to eat.”
の、含蓄ある言葉がいいですね。

本作は彼の一生を描いています。

まず、子供の頃は、
フォレスト・ガンプは知恵おくれで背骨が
歪んでいるため脚装具を付けて歩いていた。
母親(サリー・フィールド)の献身的な努力で何とか、
普通の学校へ通うことが出来た。
入学した学校でジェニーという少女と仲良くなる。

大学時代では、
高校生になってもいじめられていたが、
同級生の車から追いかけられて
アメフトの試合中のコートに逃げ込むが、
コーチにその俊足ぶりを見込まれ、
アラバマ大学のフットボールチームに入る。

全米代表選手に選ばれ、
ケネディ大統領に面会するほどになる。

軍隊時代では、
ベトナム戦争が始まった頃、アメリカ陸軍に入隊して、
アフリカ系アメリカ人である
バッバ(ミケルティ・ウィリアムソン)と仲良くなる。

その後、卓球全米チームで活躍して、
会社、「バッバ・ガンプ・シュリンプ」を設立。
ジェニー(ロビン・ライト)再会して、帰郷と続く。

邦題の ”一期一会”とは本作の内容にピッタリです。
今、三月、四月は出会いと別れの季節。
その縁を大切に、今を元気に生きて行こうぜとの
メッセージを感じる映画です。

私はガンプに、悟りを開いた修行僧をイメージします。
諸行無常の世の中を運否天賦に身を任せ
人生を誠実に生きる生き方は、いいですね。

アカデミー賞作品賞ほか6部門を独占した映画史に残る名作。
1994年(平成6年)制作。
監督はロバート・ゼメキス。


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

今晩は〜!

yinanさん

風華さん、

トム・ハンクスは撮影当時は38歳、
ほっそりとしていて若いですね。
本作でハンクスが2年連続主演男優賞を受賞しています。

冒頭とラストシーンで羽が舞うシーンは印象的でしたが、
この撮影には巨額の費用が掛かったそうです。


みのりさん、

人生とは何かを考えさせてくれる映画です。
機会があれば、見て下さい。

2017/03/19 18:31:27

映画

みのりさん

yinanさん

 今日も映画の紹介ありがとうございます。
見たことのない映画ですが
気になります。

2017/03/18 19:29:05

好きな映画です。

風華さん

ただいま録画中〜♪

これで、トム・ハンクスのファンになりました。

2017/03/18 15:28:20

上部へ