メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

小春日和♪ときどき信州

本・畠中恵 「やなりいなり」  

2015年04月30日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



 読書備忘録 



 内容(「BOOK」データベースより)
偶然みかけた美しい娘に、いつになく心をときめかせる若だんな。近頃日本橋通町では、恋の病が流行しているらしい。異変はそれだけに止まらず、禍をもたらす神々が連日長崎屋を訪れるようになって…。恋をめぐる不思議な騒動のほか、藤兵衛旦那の行方不明事件など、五つの物語を収録。妖たちが大好きな食べものの“れしぴ”も付いて、美味しく愉快な「しゃばけ」シリーズ第10作!


               

こいしくて・・・小豆粥
やなりいなり・・・やなり稲荷 守狐らの得意料理
からかみなり・・・栄吉のあげだしいも
長崎屋のたまご・・・長崎屋特製ゆでたまご
あましょう・・・お酒大好き妖の、味噌漬け豆腐

レシピが書いてある。

おいなりさん食べたくなっちゃったのよね。

守狐が作ったものじゃなくていいから・・・豆狸でいいわ。

からかみなり
一太郎の父親、藤兵衛が連れてきた子供は・・・返し方がねぇ。お空に帰って行きました。




>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ