メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

一絵一期

「神楽坂 下」交差点を描く 

2014年12月29日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


神楽坂(かぐらざか)は、東京都新宿区にある早稲田通りにおける大久保通り交差点から外堀通り交差点までの坂である。その名の由来は数説あるようで定かではないが、いずれも神楽を奏したということから付いたとある。
坂の下を神楽坂下と上を神楽坂上と言い、それぞれ下は外堀通りと、上は大久保通りとの交差点となっている。神楽坂自体の道路名は早稲田通りであり、これは高田馬場にいたる。
また、「神楽坂は、全国的にも稀な逆転式一方通行となっており、自動車などの進行方向が午前と午後で逆転する。午前中は「坂上→坂下」 (早稲田側から飯田橋側へ) であるが、午後は「坂上←坂下」となり、通行する際は注意が必要である。逆転式一方通行となった背景に、その昔田中角栄が目白台の自宅から永田町に出勤し (午前) 帰宅する際 (午後) に便を図ったからともいわれるが、これはタクシーの運転手によって広まった都市伝説である。実際の理由としては、急激な交通量の増加で規制を求める声が上がり、その最中に通り沿いの陶器店に車が突っ込む事故が発生、これが元で規制が行われたものの周辺で大渋滞が発生したことから、1956年に都心から西側の住宅地に向けた一方通行となり、1958年に現在の逆転式一方通行になった」そうだ。

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ