メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

一絵一期

イチョウの落ち葉を描く 

2014年12月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し


イチョウ科イチョウ属の落葉高木。現存しているのはイチョウただ一種のみで、中国の安徽省原産と言われるが、今現在その自生木は存在していない。雌雄異株で街路樹などはほぼ雄の木のみだと思われる。神社などには雄雌両方の木が植えられており、秋にはギンナンの実が落ちて、その独特の臭いが漂っている。
自宅近くの街路樹として植えられているものが秋になるとたくさんの葉を落とし、道路一面に黄色い葉で埋まるほどだ。しかしこのイチョウ通りの総延長は6km近くあり、その落ち葉の量たるや莫大なものだろう。それを市の清掃員が清掃するのに追いつかないのか、いくらでも残っている。

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ