メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

雑感日記

強い市長の権限 

2012年02月21日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



★行政の中に入った経験もないし、よく解っているわけではないのだが、
『市長の権限』とは無茶苦茶強いのではないかと推測する。
昨日の朝日の夕刊には
『橋下流メリハリ予算』
『子育て・教育に172億円』、『補助金653億円分凍結』
「収入の範囲」徹底」
との見出しが大きく踊っている。
 
凍結される予算の中には「赤バス」や、巷でいろんな議論のある、文楽や大阪フィハ―モニ―協会への助成なども含まれてはいるのだが、653億円と言う大きな金額が、
市長一人の判断で切り捨てられるということである。
ここではその是非はともかく、平松さんでは出来なことが、橋下さんでは出来るということなのである。
 
そういう意味では、市長の権限は、絶大だなと思うのである。
同じ朝日の11面には
『橋下予算大なた悲鳴』   …「とんでもんさい状況」
とある。
朝日新聞だから、否定的な論調課と思ったら、そうでもなくて冷静に客観的に報じている。
 
★『市長の権限』とはこんなに大きくて、やろうと思えば何でもできるのに、
なぜ、どこの市長も前例を重んじ、前年度の予算通りを引き継いで行くのだろうか?
それどころか、無難にことを進めるために『要らぬ人』金を払ってまでも、ことを進めるのであろうか?
 
昨日のexciteのブログで、『神戸電鉄粟生線のシンポジューム』のことを取り上げた。
『粟生線の存続問題』は私の住む三木市にとっても大きな問題ではある。
それゆえに『シンポジューム』を開いて、市民のこの問題の意識の向上、理解を求めたのだとは思うが、
『シンポジューム』とは有識者にご自身の自由な意見を話して貰って、問題の本質みたいなものを浮き彫りにするのかなと思っていたが、そうでもないのかも知れない。
行政の判断が間違っているとは言わぬが、行政の都合のいいように、スタートする前に『仕組まれている』と言うのである。
 
★その経緯は、昨日の私のブログを読んで頂ければよくお解り頂けると思うのである。
私が言っているのではなくて、シンポジュームのパネラーに出られた方が、
ご自身のブログに書かれて、更にFacebookにあっぷされたので、私がそれを見つけたまでのことである。
私の『情報収集力の範囲』の中にあったのである。
間に入ったコンサルから、パワーポイントの内容について変更要望があったりして、そんな経験は初めてだったから、ちょっとむっとしたけれども、日本のこういう場合の仕組みは、事実上行政には鉄道や交通の専門家は存在せず、コンサルが事実上企画をするのである。ただコンサルには権限がないから限界があるのも事実だ。今日のシンポでは、な、なんとリハーサルまでやっていた、これには驚いた。そしてシンポの進行、運営は完璧なのである。
しかし本当はそんな事に精力を注ぐなら、もっとやるべきことがあるだろうとも思った。などと書かれてあった。
 
シンポジュームなどでこのようなことがあるのが、普通なのかも知れない。
何処かの原発関連でも似たり寄ったりのことがあったりした。
然し確かに、もっとほかにやるべきことはあるのにと思ったし、少し茶化して
無難にやらぬと殿様が怒るのかも知れない。と書いたりしたのだが、
聞いた話では、三木市役所の中で、『シンポジューム』のために大変な時間を割いたようである。
ホントに殿様が怖かったのかも知れない。
 
★確かに『市長の権限』は強大で、職員さんはそれに反抗できないようである。
一番問題なのは、職員のやる気が無くなっていおることである。
 大阪の橋下さんも、予算は削ったが、職員がやる気をなくしてしまったら、予算を削った以上の損失になることは忘れないで欲しい。
人はコストではなく価値創造者である。
 
市長の権限が大きいことは、悪いことではない。
是非、その強大な権限を、いい方向に使って欲しいものである。
人のコストも確かに大きいのだが、一番大きいのは『時間』だと思う。
何の役にも立たない、シンポジュームの予行演習など、小学生の演芸会ではないのだから、
『市長権限』でそんなこと遣らすのは止めて欲しいと思うのである。
 
『市長命令』があったかどうかは不明だが、ひょっとしたら三木市長なら『やりかねないな』と思われるところがダメなのである。
橋下さんが、『そんな予行演習をやらしたらしい』と言ったら、多分10人が10人『そんなことはナイだろう』と言うに違いない。
 
★NPO  The Good Times のホ―ムページです。
★Facebookのファンページです。
★『異種、異質、異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』というFacebookページです。
★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 
★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。
 

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はシニア・ナビではコメントを受け付けておりません

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ